コンテンツへスキップ

初期型 10系アルファード 前期 助手席にテーブル設置

  • Car, DIY

安く買えたので。

このタイプのテーブルが中古とは言えめちゃ綺麗に買えたので装着してみる事に。この車、運転席と助手席の間におもちゃみたいなドリンクホルダーが付いているんですが、あの上に乗せると歪むので使い物にならないんですよね。。なので、テーブルを設置しました。

上側のグローブボックスを外す

このグローブボックス、ただハマっているだけなので思いっきり引っ張るだけです。何かこの車、そういうはめ込み式多いですね。コストが影響しているのか何なのかは判りませんが、作業する側にとってはありがたいです。ただその分、経年劣化するとキシみ音とか色々するんじゃないかなーと思います。レビューとか見ていると、運転席や助手席のどこかでキシキシいうってよく見かけますが、これが原因じゃないかなーと思っています。

で、引っ張ると上側にコネクターがあるので外します。ここ、緑の線がプラスらしいので助手席側のフットライトに流用しようかと思っています。

さすがに1*年も経つと汚れが酷いですね。全部綺麗にしておきました。

設置は簡単。入れてネジ止めするだけ

作りがとてもしっかりしているので、そのままグローブボックスの代わりに突っ込むだけです。まずは仮で差し込んでみましたがスッキリと収まります。さっきのコネクタの所にもちゃんと切り欠きがあって点灯できるようになっています。ここは自作しないといけませんが、とりあえずの仮設置。

最終形

ネジ止めは下の二箇所だけ。不安なら接する所に両面テープを貼れば良いと思います。

うん、悪くないですね。タバコ置きとかは要りませんが、シガソケがすぐ近くにあるので、そこからUSBケーブルを伸ばして充電ステーション的に使えるかな?と思っています。これは掘り出し物でしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください