VOLVO エアコンフィルター改造 HEPAフィルター化

凄くアホな思いつき

エアコンフィルター。車のエアコンから外気導入する際に通るフィルターです。車外から塵や虫などが入らないようにしてくれるフィルターで、最近は活性炭入りで匂い消しとか、高集塵タイプとか色々あります。

で、最近は新型コロナウイルスですよ。ソーシャルディスタンスが取れる車での移動は三密を避ける上でも重要です。ところが…エアコンのフィルターってウイルスはどうなの?と気になってしまいまして。調べてみました。

医療現場でも使われるHEPAフィルター

ウイルスの感染方法は3タイプあるそうです。
接触感染・飛沫感染・空気感染、それぞれ文字通りですが車の中にいて怖いのは何でしょう。接触感染は防ぎようが無いので仕方ないのですが、飛沫感染と空気感染は予防できます。

飛沫感染はマスクや窓を少し開けて置くと空気が循環せず防げます。となると、あとは空気感染。外から入ってくる空気を遮断して、内気循環にする。そうすれば車内で空気はフィルターを通して循環するのでは?と思いつきました。実際は色々と違うんですが、それでもエアコンフィルターでウイルスが除去できれば感染リスクは減るよね?と(笑)

で、調べてみると医療現場では HEPAフィルター を使って空気循環をしていました。これをエアコンフィルターに付ければいいのでは?とアホな事を思いついてしまった訳です。

テスラ のHEPAフィルターはコロナウイルスにも対抗できる? 国産用でもあったウイルス除去99%のエアコンフィルター!

という記事にもあるように、考え方は間違っていないようです。更にその上には ULPA という規格もあるようです。

HEPAフィルターを取り付ける

という訳で、HEPAフィルター付きのエアコンフィルターを買う!と思ったのですが、そんな都合のいいものはありませんでした。。せいぜい活性炭入りのものがある位です。型番は 31366123 だと思いますが、自分は他に個人輸入するものがあったので Amazon.com で15ドルのOEM品を買いました。



取り付ける HEPAフィルター は入手しやすくて安いもの…と探した所、ダイキンの KAC017A4 がサイズ的にも価格的(ヨドバシカメラで\1,090)にも良かったのでこちらを選びました。

元々は、ダイキン うるおい光クリエール という空気清浄機に使われているフィルタですね。ちなみにこの後、全て作り終えた後でこれがHEPAフィルターじゃないらしい?のですが、とりあえずこのまま記事にします(笑)

安いのを探す場合、空気清浄機でHEPAフィルタ付きのものを検索すると良いです。型落ちとかの空気清浄機のフィルターは激安で落ちています。



エアフローが左から右なので、左側へフィルターを貼り付けていきます。



フィルターが少し大きかったので、ハサミでカットしました。ひだひだの大きさは違いますが、そのまま被せていくだけです。



それっぽくなってきました。ただそのままだと量が足りなかったので、先程ハサミで切った残りをうまく切って合わせていきます。



完成です。



ぱっと見、こういう商品が売られてるのでは?と思う位よく出来ていますね。あとはこれを車についているフィルターと交換するだけです。交換の方法はこちらから確認してください。



さて、余ったコレ。どうしましょうかね。



天井についていた24時間換気のフィルターに貼り付けてやりました(笑) これで自宅も多少フィルターされるはず?

こんな事をしてGWは自宅で自粛しています。早く落ち着いて色々な所に行きたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください