[FYI] freebsd 8.1 + apache 2.2 の起動時に ‘httpready’ エラー


freebsd 8.1 の環境で、 apache 2.2 を source compile してインストールし起動しようとすると、以下のようなエラーを吐く。

[warn] (2)No such file or directory: Failed to enable the ‘httpready’ Accept Filter

そんなフィルターを入れろって事らしい。結論から言うと、次の様にすれば良い。

# vi /boot/loader.conf
accf_http_load=”YES” ← 追加

# vi /etc/rc.conf
apache22_http_accept_enable=”YES” ← 追加

これで再起動すれば apache 起動時のエラーは回避できる。httpready って freebsd の kernel モジュールで CPU 負荷軽減するものらしい。ちなみに、エラーを気にしなければ、それはそれで良いみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。