JL711 JAL(成田-シンガポール)便 ビジネスクラス 搭乗記 Review: Japan Airlines BUSINESS NRT-SIN

前置き

9月も終盤。仕事兼趣味へシンガポールへ行きました。その際に、成田からシンガポールはチャンギ空港までJL711便で移動したので、その搭乗記です。これは前にも書いたのですが、最近のビジネスクラスはどんどん席が狭くなっていますね。ANA The Room を見習って欲しいと思います。

JAL SKY SUITE Ⅲ は悪くは無いのですが、若干狭いですしシート付近の荷物置き場が少ないので薬とかタブレットとかを出して置きたい自分としては結構不便です。とは言え、JAL SHELL FLAT NEO のビジネス?よりはマシですが…



まずは搭乗です。Fast Track を利用して入ります。この Fast Track も結構難があって、空いてる日なら一般レーンの方が早いです。というのも、Fast Track は1レーンしか無い上に、もたもたしてる家族連れが非常に多いんですね。アレも出さなきゃいけないとか、子供の持ってるペットボトルの水が引っかかったり…と。この日も前の家族連れが5分以上掛かっていたせいで、空き空きだった通常レーンの方が遥かに早く入れていたようです。



Loungeへ行ったら、サクララウンジは最近昼休み?があるようで、しばらく入場できませんでした。近くの免税ショップで時間潰し。最近ウイスキーに凝っています。自分は炭酸割りが好きなので、多少高めのウイスキーを買ってもかなり長持ちするんですよね。毎日飲まないので1Lもあれば1ヶ月は余裕で持ちます。

試飲したら、バランタイン 21年モノがとても好みでした。ジョニーウォーカー ブルーラベルも飲みやすくてまろやかです。普通にコスパを考えるとジョニーウォーカー レッドラベル(ジョニ赤)がとてもオススメ。ちゃんとピート香もするし何より1,000円でお釣りがくるのです。

ちなみに、シンガポールからの帰国時に Chivas Regal 18年,12年セット・Dewars 12年を買ってきました(笑)

サクララウンジの中身



そうこうしている間にサクララウンジが開きました。



誰もいないサクララウンジってのも珍しいですね。広々としていて飛行機も見れて落ち着ける空間です。おばちゃん軍団と子供連れがいなければ、の話ですが。



だらっと置いてるものを紹介。ホテルの朝食ビュッフェにお酒がついている程度だと思ってください。ただ、お酒はかなりの種類があるので迷います。ビール・日本酒・ワイン・ウイスキー…目移りしますね。

そしてここでの人気はカレーです。JALカレーはとても美味しいと有名なので食べて見ることにしました。バランタイン 12年とシーバスリーガル12年があったので、これも炭酸割りにして飲んでみることにします。(これが良かったので帰りにシンガポールで買いました)



有名なJALカレー。正確には「JAL特製オリジナルビーフカレー」というらしいです。欧風カレーで辛さはほぼ無いので誰でも美味しく食べられると思います。ただこの後、搭乗したらすぐに夕食が出るので控えめにしておきました。

搭乗~シートの紹介



搭乗待ち。当然ですがマイルで乗っています。フルプライス出して乗れるほど裕福では無いので(笑) それにしても夕焼けと飛行機、朝焼けと飛行機って絵になりますな。



JAL SKY SUITE Ⅲ のシート。うーん、やっぱり荷物置き場は少ないです。このアメニティセットは歯ブラシとかアイマスクとかが入っています。ヘッドホンはノイズキャンセリング機能付きなのでここはマル。でもやっぱり狭い…

早速スーツから機内用の服へ着替えて7時間の旅へと出発です。



普段、自分はこのエンタテインメントを使うことは余りありません。いつもこのフライト情報を延々と流しています。あ、でもNC付けて音楽は流していますね。それ以外は持ってきたタブレットでだいたい本を読んでいます。

機内食の紹介



見慣れたメニュー。JALの機内食は基本的に和食の方が美味しいと思います。洋食は何か当たり外れというか、好みの差が出やすいと思います。今回だと洋食にはキャビアとかピクルス、根セロリなんかもありました。自分はキャビアがダメな人なのですが…メインディッシュの和牛サーロインに惹かれてそちらを選択。。



ウェルカムドリンクはシャンパン。最近このシャンパンを飲むと飛行機に乗ったなぁと思うようになりました。シャンパーニュ・アヤラ・ブリュット マジュールN.V. (長い)と、なかなか仰々しいですが実際のところは5,000円程度のシャンパンです。口当たりも良いし海産物と合うので今回のメニューには良く合いました。



オードブル。このトリュフは食べられなかったので残念。何げにこのパンとバターが美味しいんです。ちゃんと温めてありますし、硬さも程よい感じ。おかわりもできますし、よくCAさんが「おかわりいりますか?」と仰ってくれます。嬉しい限り。



そしてメインディッシュ!この和牛サーロイン。今まで食べた機内食の中で一番美味しかったと思えるレベルでした。とにかく肉が柔らかい。そしてソースが濃厚で肉とめちゃくちゃ合います。赤ワインが欲しい…

ナイフで切るとスッと抵抗も無く切れてくれるので、とても食べやすく何より美味!語彙力の無さを痛感しますが、美味いもんは美味い!としか言えないんじゃ!(逆ギレ) 雰囲気も相まって、い●なりス●ーキみたいな普通のお店で食べられるモノより美味しかったです。

デザートは抹茶とマンダリンのオペラ。ちなみにオペラというのは、バタークリームとガナッシュをミルフィーユの様に交互に薄く挟んだフランスのケーキです。フランスのオペラ座近くで売られたから?とか色々諸説あるようですが、これを抹茶でアレンジする辺りが日本人(笑) 美味しゅうございました。

最後に



食べたあと歯を磨いて、そのままフルフラットにして寝ていたら着いていました(笑) ビジネスクラスのいいところは歯ブラシもモンダミンも置いてあるので、口臭に気を使わなくていいのです。スリッパも用意しているので、寝る気満々で過ごす事ができます。

自分は基本的にスーツで移動する事が大半なので、機内では皺にならないようにクロークに預かってもらっています。で、機内用に薄い上下のジャージと圧迫靴下(エコノミー症候群対策)を着て寝るようにしています。こうすると首のヘルニアも痛めないし、置きてから即行動できるので1日無駄にしなくて済みます。老い先短い時間は無駄にしたくないのです(笑)

ちなみにシンガポールにはF1関係の仕事で行ったので、それは別記事を御覧ください。それでは良き旅ライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください