Ar tonelico 解析

Ar tonelico レビューをしたので今度は解析しました。
とはいえ、プログラム解析できるわけもないので、データを見て行く事に。

movieディレクトリにあるムービの拡張子は SFD。一般的なSofdecStreamですね。こっちは特に特筆する事はありません。

次に、soundディレクトリ。拡張子はAFSなので、AFS Extract でadx形式のファイルが抽出が可能です。sound/sse には効果音。sound/STREAM にはゲーム中の曲やイベントシーンの効果音入り曲が入っていました。

adxは MPLAYER.EXE Ver1.021 でwavに変換が可能です。とりあえず、sound/STREAM/STREAM.AFS を変換かけてみました。仲介プログラムをちょろっと書いてやりました。2.33GB(2,499,708,236byye)のwavが作成完了。やはりいい曲ですね~。

つーか、サントラ持ってるんですが(笑)
詳しくは書かないので、各自Googleさんで調べてね

Ar tonelico 解析」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください