VOLVO S60 D4 ボルボ ラジエーター冷却効率アップ

他愛の無いネタです

皆さんはラジエーターの効果を知っていますか?
ざっくり説明すると、ラジエーターは車を冷却するための部品です。主にエンジンを冷却します。(他にオイル用のラジエーター等がありますが、ここでは割愛) 一般的には中にクーラント液(LLC)と呼ばれる液体が入っていて、それがエンジンとラジエーターの間を流れています。エンジンで温められた液体がラジエーターに入ります。ラジエーターは車の前面に取り付けされていて、走行風が当たるようになっています。

冷却液は100℃近くなので、外気温に触れるとその熱の差により冷却液から熱が奪われて放出されていきます。例えば外気温が30℃なら差は70℃もあるので、どんどん冷えていきます。ラジエーターは金属で出来ていて熱伝導率が高く、更に広い面積で冷却液と接しています。その為、熱は冷却液から外気へ逃げていき、その冷却液がまたエンジンへ戻ってエンジンの冷やす訳です。

しかし渋滞中や低速走行をすると、ラジエーターに風が当たりにくくなります。その為、ラジエーターの後ろにはラジエーターファンというものがついていて、空気を吸い込むように設置されています。このファンがあるので、渋滞中や低速走行時でもラジエーターは強制的に風を受けて冷えるように設計されています。

基本的にはノーメンテだが…

このラジエーターは破損しない限り、メンテする事はまずありません。中に流れている冷却液も昔は2,3年に1度は交換するようになっていましたが、今はスーパーLLCというスーパーロングライフクーラント、スーパーでロングライフなクーラントしてくれる冷却液が出来たおかげでメンテする事もほぼ無くなりました。後者は16万km、または7年交換不要らしいです。

ラジエーター周りで交換するとすれば、ラジエーターキャップというものがあります。これは冷却液が沸騰しても気化して漏れないようにするものですが、ゴムでシーリングしているので当然エンジンの熱で劣化します。これは2年に1度くらいは交換した方がいいと思います。車種にもよりますが数百円から数千円程度ですし、これでオーバーヒートが防げるなら安い買い物だと思います。

で、今回やった作業

で、今回は何をメンテしたかというと、ラジエーター上部の目張りスポンジの交換です。これは何をしているものかというと、先程説明したラジエーターとラジエーターファンの付近に付属していて、空気がそこから逃げないようにするものです。

空気は基本的に空いている方空いている方に流れます。ラジエーターは空気を通して冷却しますが、それでも若干の抵抗になります。そうなると空気はより流れやすい隙間に流れてしまうので、結果ラジエーターの冷却効率が下がります。これはどの車でもだいたいそうですが、バンパーとラジエーター、ラジエーターファン付近の隙間にスポンジが取り付けられています。これで空気がラジエーターから逃げないようにしている訳です。

しかしこれもスポンジなので、エンジンの熱や雨、そういったものに晒されるので数年で劣化してボロボロになります。特に青空駐車している車はかなり早く劣化します。このスポンジを交換するのが、今回の作業です。

基本は外してつけるだけ

当然DIYなので完全自己責任でお願い致します。私は何があっても関知しません。自信が無ければ本物を購入してプロに取り付けを頼むべきだと私は思います。この記事を読んで失敗しても、私は全く責任をとりませんのであしからず。プロへの支払いは安心と保険を買うものだと認識しましょう。

いきなり外した所です。中央の銀色の部品がラジエーターです。こことバンパーの隙間をスポンジで埋めているのですが、ご多分に漏れずこの車もめちゃくちゃ劣化していました。

ぱっと見は普通に見えますが、ちょっと指で触るとボロボロと剥がれていきます。このスポンジは、ほぼどの車も両面テープで貼ってあるだけなので、引っ張れば取れます。取れたら両面テープをシンナー等で剥がしていきましょう。

用意したのは3Mの防水テープ “3M スコッチ すき間ふさぎ防水テープ 7mm厚x10mm幅x2m EN-77” です。屋外・屋内のどちらでも使えて、雨、水、湿気に強いクロロプレンフォームを採用しているので耐久性・耐候性に優れているとの事。使用温度範囲は-30~60℃だそうです。ラジエーターがどの程度の熱を持つかは判りませんが、しばらくは大丈夫でしょう。劣化したらまた変えればいいだけです。なんせ362円ですし(笑)

7mmは若干薄いので、自分は重ねて使いました。

完成

ちょっと分かりにくいですが、ラジエーターとラジエーターファン、そしてバンパーの隙間をこのテープで埋めていきます。ひたすら貼っていくだけの単純作業です。

密閉するようにしっかりとつけていきます。粘着力もかなりあるので作業はとても楽でした。体感できる程の効果は無いと思いますが、少なくとも360円でラジエーターの冷却効率が少しでも上がると思えば安いもんです。

あと、こういうスポンジがボロボロだと、ボンネット開けた時のオンボロ感が半端ないので、見た目の為にも交換する事をオススメ致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください