コンテンツへスキップ

[人体実験シリーズ] フィンペシアは毛髪の夢を見るか

  • DIY, Review

努力って大嫌いです。

いきなりですが、自分は努力ってめちゃ嫌いです。誤解を恐れずに言うのであれば、”努力”は才能が無い人が少しでも上向く為に必要なものだからです。本当にそれが好きでひたすら続けるのは、努力でもなんでも無いと思いますしね。

羽生名人の名言で

何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続しているのは非常に大変なことであり、私は、それこそが才能だと思っている。

という言葉がありますが、努力ってその類のものだと思うんです。私のような堕落した人間は努力なんてしたくないし、報われない挑戦なんてしたくないんです。心筋梗塞やった自分にとっては人生って短いと思いますし、結果のでない努力とか挑戦なんて御免こうむる、程度の最低な人間です。

でもね。

実験

となると話は別。これは結果が出なかろうが、どうなろうが別。報われるとか報われないとかどうでも良くて、実験して成功でも失敗でもいいんです。単純な知識への渇望、探求。これは努力ではなく、ただの酔狂。こういうのは大好きな訳です。

前置きが長い。

という訳で、ハゲです(´・ω・`)
自分の恥部を公開するのに抵抗が無い訳では無いんですが、それ以上に実験をして何か面白い結果が出たぞ!?そんなら公開してみようぜ!!!と気持ちの方が強かったのです。

ぶっちゃけね、レーシングドライバーはハゲますよ。だってクソ暑いなか、ムレまくったヘルメットを何時間も被った上、縦Gと横Gで頭皮を擦りまくるんです。普通に考えて髪が無事な訳がありません。某イケメンプロレーシングドライバーとか、あれ絶対植えてるか何かしてるよ!!!と思います(風評被害)

で。せっかくコロナ禍で他人に会う事も減りまくったんで、治療してみようかと思った訳です。ハゲ治療方法って色々あるんですがだいたい以下の通り。

  1. ふりかけ
  2. かつら (帽子)
  3. 増毛 (元の毛に植毛)
  4. 自毛植毛
  5. 育毛
  6. AGA治療

難易度は上から下に行くと時間とお金が掛かっていきます。まぁ暫定的ならふりかけでいいんですけれどね。例えば明日スピーチを頼まれた!とか言うのであれば。

でもやっぱり根本治療したいじゃないですか。人生長いですし。さっきは短いって言ったけど。

間違いだらけのハゲ治療

いやいや、コンプレックスの治療は本当に商売が美味いですね。だって、そのコンプレックスがなくなると思えば、お金払いますもん。その悩みが深い程にね。特に髪は第一印象に大きく関わりますし、諦めて坊主にすると、その筋の人?みたいな目で見られますし。特に今のトレンドは AGA (Androgenic alopecia / 男性型脱毛症)治療 というヤツで、まー効果は高い!!!と謳っています。そして同時に「AGA治療は医者や専門家のアドバイスを効かないと効果が無い」というブログばかり。1回の治療は数万から数十万、場所によっては月額で4万円とか。

というわけで、流行りのAGA治療というととにかく金が取られるイメージで、個人的にはとても気分が悪い。なので、自分は

全てのプロのアドバイスを全部シカトして

独学でAGA治療をしようと思います。なもんで、ハゲ治療について色々と調べまくりました。それこそ文献読んだり、胡散臭い商材ブログまで色々と。わかった事は、抜け毛が多くなるからハゲる事、そして毛根が完全に死んでたら意味がないという事。逆に言えば、毛根が死んでなければ抜け毛を止めて、養分を与えてあげれば毛髪量は増えるはずです。

で、ここで大半の人が間違えていると思うんですが、

リア●プとかス●ルプだけやっていても意味が無い

という事です。世の中には育毛剤と発毛剤があります。ハゲの人って、後者の発毛剤ばかりを使っているパターンが殆どだと思います。でもよく考えてください。ハゲたって事は毛が抜けたって事です。当然何かの原因があって、抜けている訳です。

単純に 脱毛数<発毛数 になれば、当然髪は増えていきますが、脱毛数>発毛数 の場合、結局総合的な髪の量は変わりません。維持できている、といえば聞こえはいいのですが、不毛の大地に水を撒いてもなかなか芽吹く事は無いんです。(ちょっとうまい事を言った)

じゃあどうするか

脱毛数<発毛数 にする為には、まず脱毛数を減らす事を第一に考えないといけません。脱毛が止まらない限り、ハゲはハゲ続けたままなんです。残念ながら。しかし、脱毛する理由は人それぞれ、様々です。例えば遺伝的なものから、食生活の悪化、過度の飲酒や喫煙、ストレス性のものまで。

しかしどの理由にしても、毛が抜ける原因は「5αリダクターゼII型」が関わっています。5αリダクターゼII型はテストステロンと結びつくことで、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変化します。このジヒドロテストステロンがホルモン受容体の「男性ホルモンレセプター」に取り込まれることで、脱毛因子が生成されて抜けやすくなる “そうです”。”そうです” といったのは、私はプロでは無いのでこれが正しいかどうかは判りません。しかし様々な文献を見ると、だいたいその様に書いてあるので、まぁ正しいのであろうと仮定しています。

つまりハゲるサイクルとしては
何かの原因で 5αリダクターゼII型 が増加 → 男性ホルモンの増加 -> 脱毛因子の増加 -> 抜け毛
になるのだと推測できます。
逆に言えば、5αリダクターゼII型 の増加を止められれば、脱毛因子が減るので抜け毛が防止できる訳です。これは色々な方法があるようですが、自分は個人輸入でフィンペシア(フィナステリド)錠という飲み薬で止める事にしました。

自主AGA治療開始!

当然自主治療なので全ての方に効果があるとは思えません。参考にするかしないかは、完全に自己責任でお願い致します。当然ですが体調不良を起したりする可能性もおおいにあります。注意して行ってください。当然当方は一切の責任を負いませんし、何があっても関知しません。当方は3ヶ月に1度の定期検診による血液検査を以て、影響が無いか判断して実験しています。

まず、用意したものはこちら。

・フィンペシア 1mg / 100錠 \2,580
・ミノキシジル 5% 60ml * 5本 \29ドル (\3,271)
・Petal Fresh Hair ResiQ 350ml \14.37ドル (\1,620)

フィンペシアは1日1錠、ミノキシジルは夜寝る前に軽く付ける、髪を洗う時は Hair ResQ シャンプーで。これをひたすら続けてみました。1シートを飲み切る度に写真を撮って記録を残したいと思います。

2021/09/23 スタート

はい、見事な薄毛ですね。元々髪が女性並に細いそうです。測定してもらったら本数自体はそんなに少なくないらしいんですが、それも結局こんな悲惨な状態に。ヘルメットで擦られたらしき頭頂部がヤバい事になっています。

2021/10/08 ワックスを使うと髪がまとまるのでより頭皮が見える

まー、一番酷い時期ですね。上から見られたくないなぁと思いつつも、実験なので公開していきますよー

2021/10/21 2シート目完了

まだ目立った効果は無いようです。AGA治療はひたすら根気が必要らしいので頑張ります。3ヶ月~6ヶ月辺りから効果が出始めるとか。

2021/11/03 3シート目完了

おや? 少し毛量が増えたように思います。撮り方の問題かも知れませんが。

2021/11/18 4シート目途中

あれ? 明らかに増えてきてません? 気の所為かな。

2021/11/18 5シート目開始

いや、これ絶対に増えてきてますよね。たぶん。おでこが広いのは元々ですが。ちょっと比較してみましょう。

最初から最新まで。治療を始めて3ヶ月経過中ですが、うん、なんか増えている気がします。
途中何回か美容院にも行っていますが、少しずつ変化がありそうです。引き続き、シートが終わったタイミングで更新していこうと思います。

2021/11/30 6シート目開始

最近アップロードサボっていました。。しかし実験はまだまだ続いています。
どうでしょうか。初期と比べて、上から見ても頭皮がほぼ判らなくなったと思います。おでこが広いのは仕方ないとして…でもこれならカツラもいらないですし、自分でも薄いなぁと感じる事はなくなりました。

たった数千円でこれだけ改善できるのであれば、実験する価値はあったかなぁと思っています。まだまだシートはあるので、頑張って実験を続けますよー

2022/01/29 100錠 完飲済み!

さて、1箱全て飲みきりました! あれから2ヶ月。
結果はこんな感じになりました!

最初と最後。髪量は絶対に増えていると断言していいと思います。
今はテレワーク等で時間があったりするので、自分の身を一度リセットする意味でも AGA治療 って効果があるんだろうな、という結論です。私はフィンペシア+ミノキシジル+毛髪にいいシャンプー で安価トライしましたが、これでもこれだけ効果があるんで、ちゃんとお医者さんに通えばめちゃくちゃ効果が出るんじゃないかと思います。

髪があると若く見えるのは間違いないので、こういうトライはいいと思います。男として、いつまでもかっこよくいたいですもんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください