コンテンツへスキップ

Zabbix(3.0.12) で今更RTX3000を監視してみる。

ぶっちゃけ、ほぼこちらの記事でまとまっています(笑)

Zabbix3でRTX1200を監視する

ただ、RTX3000はSNMPv1しか対応していないので、設定箇所がちょこちょこ違います。機種とファームウェアの関係は以下の通り。

RTX1200Rev.10.01.07以降Rev.10.01.24以降
SRT100Rev.10.00.08以降
RTX3000Rev.9.00.08以降
RT107eRev.8.03.15以降
RT250iRev.8.02.32以降
RTX1100Rev.8.02.31以降
RTX1500Rev.8.02.14以降
RTV700Rev.8.00.23以降
RTX2000Rev.7.00.08以降
RTX1000Rev.7.00.04以降
RT105eRev.6.02.14以降
RT105pRev.6.02.14以降
RT105iRev.6.02.04以降
RT300iRev.6.00.10以降
RTV01Rev.1.00.03以降

ここへ該当する機種は全て同じ設定でイケるはずです。(RTX1200に関しては 10.01.24 以降で v2とv3に対応)

先程のサイトの通りにRTXを設定します。自分の所はこんな感じで。IPアドレスは ZabbixサーバのIPです。

snmp host IPアドレス public
snmp community read-only public
snmp trap host IPアドレス
snmp trap community snmpv1public

そうしたら、これまた参考サイトの通りに色々設定していくのですが、旧機種のRTX用にいくつかカスタマイズしたファイルを こちら に置いておきます。違いは、snmp community 名。元サイトのテンプレートだと、public で固定されています。これを変えたい環境も沢山あると思います。

このテンプレートでは、それを置換する様な設定になっています。インポート等も上記サイトの通りに行ってください。違いはこちら。

マクロ の所に、{$SNMP_COMMUNITY} と入力して、値に設定した community 名を入れてください。これで取得できるようになると思います。

ただ、このテンプレート。トリガーが設定されていないので、何か設定した方がいいと思います。メモリ使用量とか、LAN IN,OUTの数値とか。例えばメールアドレスのパスワードがハッキングされると、物凄い勢いでメールを送信開始します。それを察知できれば対応も早い訳です。トラフィックの急な上昇は絶対に何かありますし、セッション数が激増すれば使用メモリも増えます。この組み合わせで、ハッキングを検知できる訳です。

よき監視ライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください