ミッションオイル交換

前回交換より1万km以上走ってしまい、デフ入りのMRとしてはよろしくない状況になってしまっていました。先日、本庄サーキットを走ったので、ついでにと交換してみました。

準備するもの。\

オイル代 7,040円なり。FFベースのMRだから、ミッションとデフが一緒なのですね。4Lが必要です。オイル箱も必要なので用意します。赤いのは、オイル投入用のじょうごです。簡単に順序を説明すれば、ドレンボルト(廃油口)抜いてオイル抜いて、フィラーボルト(投入口)からオイル入れれば完了です。レンボルトの位置ですが、ミッションケースの左下。フィラーボルトはケースの前の中段です。

ドレンボルトの位置

ボルトは各24mmです。まず、フィラーボルトを緩めてください。何故、投入口から緩めるのかというと、ドレンボルトから先に抜いてしまうとオイルが無くなってしまうからですね。フィラーボルトが万一固着したりして緩まないとなると、車がまったく動かなくなるからです。なので、必ずフィラーボルトを緩めてから、ドレンボルトを緩めてオイルを抜いてください。

それをやらずに、私は今日ハマりましたからね。

私はフィラーボルトが固着してなかなか回らなかったのです(苦笑) 結局パイプ延長して外れましたけど。。

で、ドレンボルトを抜いてオイルを抜きます。

オイル抜いてます。\

抜いたオイルは意外に綺麗でびっくりしました。それでもしゃばしゃばになっていたので、オイルとしての機能は低いでしょう。抜けきるまでしばらく待ちます。抜け終わったら、ボルトを締めてブレーキパーツクリーナーで洗浄しておきましょう。オイルが漏れたりしてたら一目でわかりますからね。

次にフィラーボルトを開けて、先のじょうごをつっこみます。

ここから入れます。\

ちなみに、どれだけ入れるか・・・ですが。入れたじょうごの口からこぼれるまで入れてくたざい。すごくアバウトですが、ディーラーでもこぼれるまで入れるが基本だそうです。

以上で完了です。
やはり新しいオイルはいいですね。ミッションのフィーリングがすごく良くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください