NFSサーバ・クライアント設定

私的メモ:NFSサーバ・クライアント設定方法を記載。

(Server) 192.168.0.1
(Client) 192.168.0.2

とする。
(Server) の /usr/src を (Client) の /home/src にmount させたいと想定した場合の設定方法。

(Server)側では以下の作業が必要
1. rc.conf に 以下を記載 (コマンド: vi /etc/rc.conf)
portmap_enable=”YES”
nfs_server_enable=”YES”
nfs_server_flags=”-u -t -n 4″
mountd_flags=”-r”

2. hosts.allow に 以下を記載 (コマンド: vi /etc/hosts.allow)
portmap : 192.168.0.0/255.255.255.0 : allow

3. exports に 以下を記載 (コマンド: vi /etc/exports)
/usr/src -maproot=0 192.168.0.2

4. FreeBSD を リブートする。
reboot でもいいし、 shutdown -n now でもいい。

(Client)側では以下の作業が必要
1. rc.conf に 以下を記載 (コマンド: vi /etc/rc.conf)
nfs_client_enable=”YES”
nfs_client_flags=”-n 4″

2. 以下のコマンドを叩く
nfsiod -n 4
mount_nfs 192.168.0.1:/usr/src /home/src
df

3. dfコマンドでマウントされているか確認できる。

4. 以下のコマンドを叩く
umount /home/txm
df

5. dfコマンドでアンマウントされたか確認できる。

6. fstab に 以下の記載を追記 (コマンド: vi /etc/fstab )
192.168.0.1:/usr/src /home/src nfs rw,-i 0 0

7. 以下のコマンドを叩く
mount_nfs 192.168.0.1:/usr/src /home/src

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください