コンテンツへスキップ

[新企画] 過走行16万kmの初期型10系アルファード前期は次の生き方の夢を見るか?

  • Car, DIY

まさか買うとは思いませんでしたわ…

自分の人生において、ミニバンとSUVは絶対にないだろうなと思っていたんです。誤解を恐れずに言えばミニバンは道具としてはとても便利だと思います。特に家族連れやお年寄りの方にはスライドドアによる開口部の広さで乗り降りが楽ですし、大は小を兼ねると言います。でも面積の広さばかりが重要視されていて、運転していてとても楽しくない。何度レンタカーで借りても、「これは便利な道具であってカッコよさは微塵もない」と思っていました。というか、今でも思っています。

SUVに限って言えば、よくあんな中途半端な乗り物乗れるなーと思う位です。乗り味はセダンに叶わず、広さではミニバンに叶わず、悪路走破性能はクロカンに勝てない。見た目が好きという層には良いのかも知れませんが、自分には超絶中途半端な乗り物だという印象が強いです。特にシティ型SUVなんて意味ないでしょ? くらいに思っています。今でも。すべての性能が60点程度なので、まあオールラウンダー的に使えるという意味では良いのかも知れませんが、自分は尖った物が好きなのでどうしても購入する未来が見えませんでした。乗っている方をディスるつもりはないので誤解しないでね。車なんて自己満足の塊なので、自分が好きで乗るのはアリアリだと思います。

意識が変わったのはコロナ禍のせい

で、長々と書いたんですが、コロナ禍になってリモートワークが主体となりつつあると、自分も外で仕事がしたいなと思うようになりました。とは言え、キャンピングカーのような取り回しの悪い車を持つのは趣味に合いません。しかもコロナ禍のせいで人気となったせいで、価格は爆上がり。急な需要増でキャンピングカーレンタル会社や製作会社はウハウハだと聞いています。

そこで目をつけたのが、デカいミニバン(変な言い方ですね)です。日本だと10万kmも超えたら車の価値はほぼ無くなるという不思議な国です。ちゃんとメンテしていれば20でも30でも走るのに、10万kmというものがひとつの目安でそこから価値がダダ下がりします。それを格安で移動オフィス用に作成できないか?と思って色々と調査した所、やはりトライしている方々も多かったです。

とは言えそんなネタをそのまま作るのは性に合わないし、そもそもキャンピングカーを作りたい訳では無く快適な移動オフィス兼自分のレース活動のモーターホーム的な感じにしたかったのです。それを目標にまず車種をいくつか選定してみました。勿論格安で見つけたいので初期型とか過走行メインになります。

  1. ハイエースや他社のバン -> プレミアついてて高すぎ、バンコンは沢山あるのでつまらない
  2. エルグランド(C23) -> 安いしタマは豊富、しかし思っていたより荷室が狭い & 電気系統が比較的弱い
  3. セレナ -> エルグランドより豊富で安い、フルフラットな椅子もいい -> 室内幅が1150mmと狭い。サードシートがしょぼい
  4. ステップワゴン(RG) -> 室内幅も奥行きも素晴らしく広い、タマは腐る程ある軽いのもいい -> 室内高が113cmと低い、ホンダは部品供給をすぐ止める & 全幅1695mmに対して室内幅1230mm? ドア薄くない?

となっていった訳です。そんな時にたまたまアルファードってどうなんだろ? と思った訳です。当初全く検討外でしたがが、よくよく考えると腐ってもトヨタの高級ミニバンとして発売されていたので、パーツ類に関しては問題ないでしょうし何よりタマが豊富。そしてちょっと相場を調べたら、過走行車がゴロゴロ安い値段で売られてるじゃないですか。10系初期型に至っては税金も上がってるし維持する意味も無くなっているんでしょうね。特にアルファードは見栄っ張りが買うと言われているらしく、型落ちだと幼稚園の送迎でマウントの取り合いがある…なんて笑い話もある位です。

で、更に調べていくと、10系初期型はエルグランドの市場を切り崩すべくトヨタが満を持して作ったので、結構高級(そうに見える)パーツや当時の先進装備がふんだんに盛り込まれています。ただ、トヨペットで売ったりビスタで売ったりネッツで売ったりして、グレードがめちゃくちゃ判りにくい。まず車種名からして、アルファード・アルファードG・アルファードVとかあり、その上でグレードがもはやパズルレベル。

AX,AX “L Edition”,AS,MX,MX “J Edition”,MX “L Edition”,MS,MZ,MZ”G Edition”…
更に AS “Premium”,MS “Premium”,AS “Premium ALCANTARA version”,MS “Premium ALCANTARA version”

特別仕様車が
AS “Limited”, AS “Limited・DUAL AVN Special”, MS “Limited”, MS “Limited・DUAL AVN Special”
AS “PLATINUM セレクション”, MS “PLATINUM セレクション”, AS “Prime Selection”, MS “Prime Selection”, AS “Prime Selection II” ,MS “Prime Selection II” ,AS “PLATINUM セレクションII”, MS “PLATINUM セレクションII”

もはや気でも狂ったかというレベルの酷い有様でした。そこで自分はグレードを見ないようにして、単純に”価格”で探しました(笑)

まさかの1台が見つかる

H16式 MZグレード 2WD 15.8万km走行(整備履歴有りの2オーナー) カラーは人気の黒。車検1年3ヶ月残り。
ここにフルオプション。まず、ロービームHIDヘッドライト・茶木目パネル・ウッドコンビハンドル・16インチアルミホール(溝7mm)・オプティロトンメーター・クリアランスソナー・電動カーテン。そして、何と両側パワースライドドアにバックドアイージークローザー付き。勿論カメラはリアとフロント両側の3点。そして7人乗り。自分の希望がすべて詰まった1台でした。7人乗りは人気らしく一般的な相場感からすると大体20-30万程度のようです。中古車オークションに出ていたので、即入札しました。

何と15万で落札。評価点3.5でこの金額は相当安いと思います。不満点としては、4速ATな事くらいですかね。3Lの1MZ-FEは静かで滑らかなので多少の税金アップも仕方なしです。

それから引き取った後に気がついたんですが、何とトヨタ純正のリモコンエンジンスターター、ETC、スペアキー3つも付いていました。不具合は運転席と助手席の天井に若干の浮きがあった事と、トリムにちょい傷。外装はまあ15万km走ったのでそれなりでした。この辺は予想通りなので全く問題ありません。室内の汚れも余りなく、三列目シートは余り使っていた形跡がありませんでした。これも予想通りですね。

実車も整備履歴も確認しないで買った割には優秀でした(笑)

流石にみっともなかったヘッドライトは既に磨いてあります(笑) いやはや15万円とは思えない位に良い車です。おっさん臭いとは言われますが、個人的にドアバイザーってすごくありがたいんですよ。雨の日に室内の換気が簡単にできるんであれば嬉しい装備だったりします。

ウッドパネルもまだつやつやだし、正直コレ…どうして手放したんだろう…と思ったくらいです。もしかしてオーナーが他界したとか、さすがにデカいのは運転しにくいから買い替えかな…と色々と想像しました。不具合箇所が少なすぎて、逆に怖い位です。

早速トヨタに持ち込んでチェック

安心のトヨタ、といっても引き取った車両のチェックは必要です。自分で持ち上げて見ても良かったんですが、折角なので、トヨタのプロケア10(お出かけ前の安心点検) に入れて車両をチェックしてもらいました。普段、自分でメンテしない人にはコレ、本当におすすめです。完全に故障すると高く付きますが、未然に防げれば安く修理する事もできるからです。

結果はほぼ以上なし。タペットカバーから若干のオイルにじみがあるだけで、ブーツの切れ等もありませんでした。ちなみに14万kmの時点でスタビリンクが交換されていました。ちなみに整備履歴から、タイミングベルトは9.3万kmで交換済み、最近のメンテは15.3万kmでオイルもきっちり交換されていました。恐らく定期的に1年点検に入れていたのでしょうね。ここまで愛されている車も珍しいなと感じました。

もしかしてめちゃくちゃ当たり引いた?!

という訳で、これからプロケア10でチェックしきれなかった所や、自分的に変えておきたい所から直していこうと思います。

パワステオイルは酷かった

受け取った時に、とりあえずエンジンルームを開けて見たんですが、汚れはともかく油脂類は比較的マシな状況でした。パワステオイルを除いては。普通は無色透明に近い色をしているんですが、ちょっと吸い出してみた所真っ黒。

アルファード (10系) パワステフルード交換 by 矢沢なアル – みんカラ (carview.co.jp)
こちらを参考に同じ方法でとりあえず 1L を交換。ちょうどこのようにコーラみたいな真っ黒でした…アルファードはパワステポンプ、というよりパワステオイルを運ぶラインのパイプが熱でヤラれるらしく、持病があるのでそこも要チェック。

こちらはブレーキフルード。これもいつ交換されたか判らないので、自分で交換しちゃいます。(まだ未作業)

と、まあこんな感じで進めていこうと思います。改造に掛かった費用も雑に書いていこうかな。
最初はこんな所からスタート。(ちなみに流れるウインカーはウインカーとしては使いません)

  1. 車体 \150,000 + 税 \(15,000)
  2. AWNIC リメイクシート 大理石 黒 つや消し 大理石 シート \500
  3. 三油化学 シグマ パワーステアリングフルード EXTRA 1L [HTRC3] \1,199
  4. レーシング ギア ( RACING GEAR ) ブレーキフルード DOT4.2 1L RGP-4210 [HTRC4.1] \1,419
  5. LONG-MOUNTAINS インナーバッフル 自動車 ”日産 トヨタ” 車用 スピーカー スペーサー \1,800
  6. JOREST 60個車ヒューズ、低背平型ヒューズ + 1個ヒューズクリップ \590
  7. エーモン 低背ヒューズ電源 DC12V・60W/DC24V・120W 15Aヒューズ差替用 (E578) \890
  8. Qiilu 流れるウインカー車用LEDテープ 60cm \1,742
  9. HooMoo トヨタ車用 エアコンフィルター \890
  10. 車まるごと除菌・消臭 ミニバン・大型車用 車用 消臭剤 (アース製薬) \982
  11. CTRICALVER 6個コンパクトスプライシングコネクタ、18個ネジ付き3イン6アウト電気コネクタブロック \1,099
  12. USB電源コンバータ ダブル 2 USB DC-DC カーコンバータ モジュール 12v To 5v 3a \550
  13. ハイフラ防止ICウインカーリレー[8ピン] 9X-ZZ28-VU7S \1,151
  14. Blaupunkt 6.5-Inch 360W 4-Way Coaxial Car Audio Speaker $31,99 (\4,107)
  15. BOSS Audio Systems TW17-200 Watt Per Pair 1 2 Inch Micro-Dome Car Tweeters $14,99 (\1,926)
  16. Amazon Basics 16-Gauge Speaker Wire Cable, 100 Feet $11,90 (\1,540)
  17. (ヤフオク) 新品 ings LX SPORT ブレーキフルード フロント \1,078
  18. (ヤフオク) Bellezza シートカバー \5,000
  19. (ヤフオク) 新品ドアロック自動開閉 自動格納キット \2,198
  20. (ヤフオク) JABARA 120幅 テレビボード \3,000
  21. (ヤフオク) 新品 カット済みカーフィルム リアセット \1,700
  22. (ヤフオク) 新品 フローリング ブナ無垢 24枚 \1,000
  23. (ヤフオク) 新品 ドラレコ wifi搭載 内蔵GPS 2画面 \5,000
  24. (ヤフオク) 新品 LUSTER LED ルームランプ \858
  25. (ヤフオク) docomo L-03D \1,000
  26. (Aliexpress) 1pcs 3014 144smd \2,675
  27. (Aliexpress) Car Neck Headrest Pillow \2,518
  28. (Aliexpress) 48V/12V POE injector \573
  29. (Aliexpress) 12V Car Cigarette Lighter Socket \363
  30. (Aliexpress) 60W PD Type C/QC 3.0 USB Charger with Switch Socket \1,769
  31. (Aliexpress) Elough USB C Car Charger QC 3.0 40W 5A Type PD \474
  32. (Aliexpress) Dual USB Quick Charge PD Type C and QC 3.0 \2,060
  33. (Aliexpress) KEYYOU KeyCase \1,547
  34. (Aliexpress) 16mm metal push button switch \636
  35. (Aliexpress) Rear Trunk Emblem Logo Badge Decal Sticker \2,440
  36. (Aliexpress) Car Door Rubber Seal Strips 25m \2,953
  37. (Aliexpress) MGTV LIGHT 2 PCS 12V 35W HID Bulb \1,060
  38. (Aliexpress) LED Interior Light Kit License Plate Lamp Car Accessories \1,413
  39. (Aliexpress) Dashboard Cover Protective Pad \1,703
  40. (自宅に落ちてた) JVC 16.5cm スピーカー * 2
  41. (自宅に落ちてた) YAMAHA RTX810
  42. (自宅に落ちてた) Cisco Aironet 37xx
  43. 流用 コムテック 703V

さて、車をどうしたいんですかねぇ…(笑)

今のところ、\228,403 です。あ、勿論税金とか4月のアレは抜いてます。あくまで純粋なパーツ的な意味での費用です。一応予算は50万位で考えて遊ぼうかなと思っています。

2022/04/22 追加
合計 \239,017になりました。

  1. プロケア10 \3,300
  2. プロスタッフ ヘッドライトガチコート \498
  3. ハンドルカバー(処分品) \940
  4. ゴムフロアマット(処分品) \1,000
  5. R134a エアコン ガス チャージ ホース \1,597
  6. AIR WATER [ エアーウォーター ] 2缶セット カーエアコン用冷媒 [ 200g ]HFC-134a \1,780
  7. (ヤフオク) 交換式 LED ナンバー灯 ライセンス ランプ \1,499

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください