レーダー探知機はOBD2ポートを使用しない方が良いかも

  • by

何か挙動がおかしい

以前この記事で、OBD2ポートを利用したレーダー探知機の設置方法を記載しました。この時点では何の疑いもなく使用していたのですがとても気になる事があったんです。それは…

  1. 停車する寸前にATからガンっと音とショックがする事がある
  2. 低速走行時のATの挙動がおかしい
  3. 加速時にATが1速から切り替わらない事がある
  4. パドルシフトが効かない事がある
  5. エンジンチェックランプが点灯した

という謎の挙動に悩まれていました。特に1のショックは相当なモノで、クラッチのある車に乗った事があれば判るかも知れませんが、全く回転をあわせずに1速から2速へ入れると凄いショックがミッションから伝わってきますが、そんな感じです。

最初はECUかスロットルコントローラーのせいか?と思ったんですが、それらをノーマルに戻しても変わらず。ずっと条件を探ってみてたんですが、起きる際の条件が全く不明でした。試乗した時にはこんな事なかったのになぁ…と思っていたんですが、その後色々と調べてみると意外な事がわかりました。

OBD2の情報取得が原因?

レーダー探知機にはOBD2がデータを取得して色々な情報を表示する機能があります。これ、実は賛否両論でレーダー探知機からそういうデータ取得するコマンドを送ってリアルタイムで解析・表示しているとの事だそうです。

http://www.saikolo-k.net/article/470104785.html
OBD2ポートを使用したレーダー探知機の接続はやめたほうがいい

更に調べていくとこちらのサイトに突き当たりました。

どうやらアイシンAW製8速ATとOBD2接続したレーダーという組み合わせで不具合が出る「ようです」。

まさにS60はアイシンAW製8速ATです。調べて見ると出るわ出るわ…

レーダー探知機のOBD2接続で不具合
https://minkara.carview.co.jp/userid/431790/car/2710265/5463624/note.aspx
【OBD2・車両不具合】ギア抜け・シフトショックの原因はレーダー探知機!!!
https://minkara.carview.co.jp/userid/2199889/blog/38338585/

という訳で、これらの情報を総合した結果

結論

外車でアイシン製8速ATを搭載した車両に、レーダー探知機をOBD2接続すると不具合が生じる

という結論で良いと思います。ユピテル製・コムテック製問わず不具合が出るようなので、アイシン製8速ATはヒューズないしシガーソケットから電源を取得しましょう。車両のデータを取りたい場合には、昔のチューニングカーの様にセンサーを追加して取得しましょう。

自分は水温とブースト計、吸気温度さえ見れれば良いと思っていたのですが、これは誤算でした…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください