あちらでは書けない事。。

どみるBlog

YYM◆YlisYju6zM さんのコメントって、すごくいい事なんだけど、これをやるには余りにもこの手のゲームが短命である、そして数が多すぎると言った点がありますね。それからコストに見合わない・・・、つまり費用対効果が薄いんです。。

正直、今のユーザーさんって負の方向に慣らされすぎていると思っています。セリフで表情が変わるなんて当たり前なんですよね。ほとんどのユーザーさんは気が付いていないみたいですが、実は結構細かな事を色々しています。例えば主人公・女性キャラ2名という環境で、主人公と1対1で会話している時を想像してください。会話に入っていないもう一方がこっそり会話を聞いていたり、暇そうにしてたり、気になる会話の時は目だけこっちを向いたり・・・。。

こんなの、やって当たり前なんですよね。でも、ADVの場合は会話の文字、つまりセリフ部分に目が行っていまい、細かな演出なんてほとんど見て貰えないんです。それでもスクリプトを担当している人間としては、その場の臨場感(ホントに会話してるんだよ? という雰囲気)を出したい一心で色々と小技を入れてきます。「環境音」にこだわるのも、そういった理由からです。プレイしている人が、ホントにその場にいるかのような状態にしたいんです。無音な空間なんて、ほとんど存在しませんから・・・。

派手なエフェクトだけじゃなく、そういった細かな演出部分にも目を向けてプレイしてくれるように、ユーザーさんを向けていきたいなーなんて、思っています。そういう点から見てもらえると、ほんっっっとに細かな、正直どーでもいいような部分を手抜きしないでやっているんです。。あれやんなきゃ、今の半分以下の時間でスクリプト組めるんですよね(苦笑) なので、是非、そんなところにも目配せしてあげてくださいませ。。

「あちらでは書けない事。。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: こそこそ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください