NetApp の HDD(SAS/520byteセクタ) をフォーマットして使えるようにしたい!

  • by kamira

ウチには何故かNetAppのHDDが大量にある…

昔、回収したサーバにNetAppがありましてですね。その際、筐体はある会社にバックアップ用として提供したのですが、HDDについては提供しなかったのです。何故ならデータ流出が怖いからです。NetAppが内部で何をしているか判りませんし、万一データを復旧されてしまってはかないません。

とは言え、エンタープライズ向けの耐久性の高い 1TB SAS を何十台も廃棄するのは忍びない…という訳で普通に使おう!というのが今回の趣旨です。

当然ですが壊れる可能性もありますし、データは確実に消え去るので作業には十分注意して行ってください。当然当方は一切の責任を負いません。

勿論そのままでは使えない

NetAppのHDDって謎フォーマットされています。一番酷いのがセクタサイズ。一般的にセクタサイズは512byteです。最近は4KByteセクタなんてのもありますが、一昔前は512byteでした。しかしNetAppやEMCはこのセクタサイズを520byteや528byteなんて言う謎フォーマットで使われています。

更に酷い事にSASカードも選ぶらしく、自分の所にあったDellのSASカード PERC H310 では認識すらしませんでした。酷い話です。。という訳で格安のSASカードを入手して使えるようにしましょう。

大体は LSI Logic (broadcom) で何とかなる。

必要なものはこちら

  1. SASカード
  2. SATA用の電源ケーブル
  3. SATAケーブル
  4. インターネットに接続できるPCI-Eスロット付きのパソコン一式
  5. USBメモリ(CentOS Boot用)

まずはSASカードの入手です。この手のやつはだいたいヤフオクに転がっています。昔のサーバから部品取りで外したやつです。HPサーバについていたモノが、だいたいLSIのOEM品なのでそれをゲットしました。LSI Logic SAS3041E-HP 、価格1,000円なり。激安ですね(苦笑)

さて、これを適当なPCI-Eに差します。とりあえず自宅に落ちてた Optiplex 7020 にぶち込みました。で、SAS用のケーブルですが…めんどくさいのでSATAケーブルとSATA電源ケーブルの端っこをカッターで切って差し込みました(ぉ 6Gbps部分は使えませんが認識させるだけならこれで十分です。それをHDDへ差し込めば完成です。いやー、雑ですね(笑)



こんな感じの雑作業です。いいんです、認識すれば。

OSは CentOS7 の LiveCD を利用しました。isoをダウンロードして rufus でUSBに書き込み、そこからBootします。あ、言い忘れましたが細かなツール名とかこれ何?って人はいちいち説明しませんので、ググってください。そのレベルの人がやる作業ではありません。(技術はまーまーあるけど金は無い!って人向けのFYIですし)

決め手は sg3_utils

CentOS7 が起動したら、即ターミナルを起動して root になります。そうしたら、sg3_utils をインストールしましょう。

# yum install sg3_utils

これで適当に Y 押していればインストールできます。次にHDDが認識されているか確認してみましょう。

# sg3_scan -i


こんな表示が出れば認識されていると判ります。画像では、ST1000NM0011 が /dev/sg2 で認識されていますね。後はフォーマットするだけです。

# sg3_format --format --size=512 -v /dev/sg2


/dev/sg2 は scan の結果によって変わりますので、各環境に合わせてください。(画像では -v をつけ忘れました)

カウントダウンが始まって、10秒後からフォーマットが始まります。



進捗状況が表示されるので安心。



計測してみましたが、1TBのHDDのフォーマットに、大体150分(2時間30分)ほどかかります。結構長いので放置しておきましょう。自分は複数台接続して同時にフォーマットしています。 /dev/sg2 , /dev/sg3 … みたいな感じです。


フォーマットが完了すると自動で認識され直します。dmesg で確認すると、512byteセクタのSAS HDDとしてちゃんと認識されていました。これで通常のSAS RAIDカード、特にDell PERCシリーズでも利用できそうです。念の為、fsckしてmkfsしてみましたが、マウント・書き込み共問題無くできました。

これで再利用が可能ですね!


※ SeagateではうまくいくもののHITACHI製とWD製のHDDではフォーマットが失敗する模様SASカードとの相性の可能性有り

(2020/11/19 追記) TOSHIBA MBF2450RC はフォーマット可

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください