Pocophone f2 pro(Redmi K30 Pro) + MIUI12 + Android 11 Magisk インストール(root化)

  • by kamira

Android11ベースになった

久しぶりに update を起動したら、MIUI12 (MIUI 12.1.2)が来ていました。ちなみに xiaomi.eu 版 stable です。で、普通にインストールしたら当然の事ですが、unrootされる訳ですね。ついでに言うとroot化の一番の目的は、あの死ぬほどダサいフォントの変更なので、何としても root化 したい訳です。ちなみに端末は Global 版で SIM は Vodafone Ireland を入れてある海外旅行用の非常用端末です。

という訳で xda forum を探してみました。

フォーラムでも話題になっていた

Magisk Manager not detecting Magisk
まぁ色々と書いてあるんですが、デバグ版で良ければパッチ当てたやつがあるよーって感じで書いてあったので、気にする事無く気軽にインストールしてしまいました。どうせ TWRP でイメージバックアップ取ってあるので、最悪 MIUI12 + Android 10 に戻せばいいし。

前提条件

上記作業については他所様を見てやってください。これが出来なければ、Android11というかAndroid+Magisk関係のインストール自体が難しいと思いますし、root化する意味もないので足切りさせてください。

インストール方法

GitHub からダウンロードしたzipファイルを解凍すると、magisk-debug.zip があるので、これを使います。Magisk 20.4 が MAGISK_VER_CODE 20400 に対して、このdebug版は MAGISK_VER_CODE 20425 になっています。これを TWRP からインストールして、cache wipe してください。これはいつもの Magisk インストールと何も変わりません。


MIUI 12.1.2 (Android 11 Base)

バージョンチェックすると、ちゃんと MIUI 12.1.2 で Android 11 になっています。Magisk Manager がインストールされているはずなので、起動してみました。


MIUI 12.1.2 (Android 11 Base)

あれ? インストール済みが N/A になってる…という訳でもう一度 TWRP から magisk-debug.zip をインストールし直し。



はい、インストール済みが e66b0bf3 (20425) となって root 化できました。試しに X-plore で /system にfontファイルを書いてみましたが、無事に書けました。あとは /etc/fomt.xml の ja 部分を書き換えてフォントの変更も完了です。ついでに自分は MacroDroid で様々な作業を自動化させているんで、root化は必須なんですよね。なのでこの結果にはとても満足しています。ちなみに SafetyNet は fail する事があるので、それに該当する方は気をつけてください。

まだdebug版なので不具合があるかも知れませんが、全て自己責任で作業してください。文鎮になっても当方は一切知りません。

(追記)
Android 10 以降では /system が rw できないようです。
System partition locked to read only in Android 10
https://twitter.com/topjohnwu/status/1169720663201988611
(NOT an issue with the new system-as-root approach Magisk is using in the canary builds)

Magisk の更新に期待してしばらくは放置…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください