VOLVO ボルボ 快適化計画 その1 オットマン制作

  • by

と言っても他車種の流用するだけですけどー

自粛期間、皆様いかがお過ごしでしょうか。自分はリモートワークが多いので必然的に引篭りとなっています(笑) そうなると、嫌でも色々とポチりたくなるのですが、たまたまノアのオットマンが安く売りに出ていました。

これ。新品がとても安かったので衝動的に購入。見てみるとカバーは外せそうなので加工も簡単そうだったのが決め手でした。

目標はグランクラスのようなシートです(無謀) そういえば、グランクラスのシートってトヨタ紡織ですね。グループ会社のノアのオットマンを使うから無理じゃないかも?(無茶)

届いたので加工開始



ノア用なのでかなり高さがあります。勿論このまま助手席シートに置くと悲惨な事になります(笑)



シートの座面と合う位置を測り、ライン代わりにマスキングテープで印をつけました。そしたらこれをカットする…のですが、のこぎり等でギコギコするのがめんどくさかったので丸ノコでずばっと切りました。



やっぱ曲がった(笑)

いいんです。時間短縮の為、さくっと切り裂きたかったんです。で、よく見るとこれ中が空洞になってます。一度このまま置いてみたんですが、当然安定しない。もっと言うと、ブレーキの度に前へ転がります。

という訳でステーと重りをつけましょう。

更に雑に加工。



まずはステー。ホムセンで適当に見つけた頑丈そうなリブ入りのL字ステーをボルトで固定していきます。高さは正確にやりましたが穴はドリルで適当に「この辺かなー?」と穴あけしました(笑)



反対側から見るとこんな感じ。このままだと足置きの位置が若干あわないのでゴム等を貼って高さ合わせをワンオフでやっていきます。



重りは安くで丈夫で長持ちして…と検討した結果、シリコンシーラントをぶちこみました(笑) 結果、ボルトが緩む事もなくなれば音も無くなり転がる確率も減りました。ただ、ステーの高さが若干フロアと合わなかったので、後ほどゴム足をつけます。

いきなり完成。



オットマン自身の色は元々黒でした。でも当然、内装のアイボリーとは合わなかったので、染めQエアゾール アイボリー を吹き付けました。色味はどうかな?と思ったのですが、まあまあ雰囲気にはあっていると思います。



うん、足元は若干?というかそれなりに狭くはなるけれど、快適性は格段によくなりました。シートは足元の確保の為、それなりに後ろに下げてあります。着脱は簡単にできるので不要になったら外してトランクにでも入れておけば良いですし。



で、足元はこんな感じ。フロアにリブが入っていて盛り上がっているんです、ここ。なので高さ合わせの為にゴム足を取り付けました。最初は普通につけたんですが剛性が足りないと感じたので、左右を繋げてみました。

これで同乗者は長旅でも疲れないし、自分が長時間運転してもSAでのんびりする際には助手席でリラックスできて良いです。

どうでもいいんですが、この下に敷いてあるマット。前の車に使ってたBMW E90のマットです(笑) ボルボ用に買い替えようと思ったんですが面倒くさくて、たまたま手持ちにあったのを置いてみたら使えそうなんでそのままにしています。誰も気が付かないと思いますが。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください