上海では短期観光客でも在留届(一時滞在許可証)を提出しなければならない様になりました

先日、仕事で上海モーターショーへ行ったのですが、その際にホテルから奇妙な事を言われました。

「パスポートを準備してください。これから警察へ行って登録します」との事。2017年にも行きましたが、その際にはこういう手続はしなかったので???となりました。日本のサイトにもなかなかそういった情報が無いので混乱しましたが、ここ最近そういった制度になったのだとか。

Visitor registration に詳細がありました。

・ 上海へ到着して24時間以内に地元の警察署へ登録しなければならない

・ 居住許可の無い観光客が対象。登録する事で一時的な居住許可を得る
・ ホテルへ滞在する場合はスタッフがやってくれる場合もある
・ スタッフがやってくれない場合には、自分で地元警察署へ出張する事

ちなみに以下の情報を警察署へ持っていく必要があります。

パスポート(家族がいる場合は全員分)
パスポートのIDないしVISAのページのコピー
滞在者のホテル予約情報ないしリース契約等の契約書のコピー

これらを携えて警察署へ行くのですが…これ、場所によってはとてつもなく時間が掛かります。警察署にもよりますが、だいたい窓口が1つしか空いていません。そして、前の人がトラブルを起こしていると延々と待たされる事になります。自分の時は2時間ほど待たされました。

そしてこの国にありがちな事ですが、窓口にいる人(だいたいホテルマン)と同じホテルの人が列に来ると並ばないで割り込んだり、 窓口にいる人へ手渡しして一緒にやってもらおうとします。これが滅茶苦茶腹立たしい。自分の後ろに並んでいる外人(白人さん)がめっちゃブチ切れて延々と文句を言っていましたが、言われている本人はガン無視して手続きを進めようとします。まさに地獄絵図。

こうなると待たされる時間もどれだけ長くなるか判らないので、上海についた当日に観光をしよう!とは思わない方がいいです。この警察署への登録だけで精根尽き果てます。先程のwikiでは5分で終わるとか書いてありましたがとんでも無い。手続き自体は確かに5分程度です。それは、そこに並んでいる人達の民度が高ければ、の話。



最終的にこういった一時在留許可書を警察からもらって終了です。この紙は滞在中、常に携帯しておく事をおすすめします。警察に何か文句を言われても、その紙を見せれば大丈夫なはずです。

という訳で、最近の香港デモ(逃亡犯条例改正案に反対する市民のデモ)といい、コレといい、中国全体がとてもキナくなくなっている感じは否めません。という訳で滞在時には忘れる事が無いようにご注意ください。

Sponsor Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください