vmware ESXi 6.5 でハードウェアを監視する (sfcbd-watchdog)

最近車ネタばかりだったので、自分がネットワークエンジニアである事を忘れていました(笑) というわけで、vmware ESXi 6.5 ハードウェアを監視する というネタで書いてみたいと思います。

実際は、ストレージの監視方法です。



このWEBクライアントの [ナビゲーター]->[監視]->[ハードウェア]->[ストレージ]の画面。


Small Footprint CIM Broker Daemon (SFCBD) が実行されていますが、データが報告されていません。使用しているストレージ アダプタに対応する CIM プロバイダをインストールしなければならない可能性があります

Small Footprint CIM Broker Daemon (SFCBD) が実行されていません。

こんな無慈悲なエラーが出る事があります。筐体はDELLでPERC H700 をつけていたものでした。


まず、後者の SFCBD が実行されていない所から対策します。ESXiサーバへsshでログインしてください。

# esxcli system wbem set --enable true
# chkconfig sfcbd-watchdog on
# /etc/init.d/sfcbd-watchdog start

# /etc/init.d/sfcbd-watchdog status
sfcbd is running

これで sfcbd が起動しました。次に、 CIM プロバイダをインストール の方法です。まずCIMをダウンロードする必要がございます。

Support Documents and Downloads

Broadcom のページから、[Management Software and Tools] -> [Latest SMIS Providers] -> VMware 6.0 and 6.5 OR VMWare ESX 5.x

をダウンロードします。zipファイルのなので、解凍すると vmware-esx-provider-lsiprovider.vib というファイルが出てきます。

これをESXi上へコピーしてインストールするコマンドを入力します。自分は /vmfs/volumes/datastore1/patch/ というパスへファイルを置きましたので、ここは随時環境に合わせてください。

# esxcli software vib install -v /vmfs/volumes/datastore1/patch/vmware-esx-provider-lsiprovider.vib

Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: LSI_bootbank_lsiprovider_500.04.V0.66-0002
   VIBs Removed:
   VIBs Skipped:

成功しました。
アップデートは正常に完了しましたが、変更を有効にするためにシステムを再起動する必要があります。と表示されているので、ESXiを再起動します。これでCIMが導入されましたので、監視される”はず”です。

当方は現在まだテスト中なので、とりあえず情報だけでも公開致します。

Sponsor Link

vmware ESXi 6.5 でハードウェアを監視する (sfcbd-watchdog)」に1件のコメントがあります

  1. 管理人様、初めまして。
    私くしはMiniToolのジュリと申します。
    申し訳ございませんが、おサイトを訪ねたいただいて、ごメールアドレスを見なかったので、コメントにご連絡しなければなりません。
    おサイトに弊社の製品パーティション管理ソフトウェアの記事掲載のお願いについてご連絡致します。
    恐縮ですが、ごメールアドレスを[email protected]までお送っていただけませんか?
    詳細に関するはどうぞお気軽にご連絡してお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください