ボルボ (Volvo) S60 バニティミラーランプ LED化

※DIYは必ずご自身の責任の元で作業をしてください!ここに書いてある情報が全て参考になるとは限りませんし、同一である保証はございません。勿論当方は一切の保証を致しませんし質問も受付ませんので、予めご了承くださいませ。

更に更に前回の続き。
今回はバニティミラーランプの交換です。こちらも何も言うことが無いです。今までとほぼ同じ手順で交換できます。ただ注意点はケーブルが直接はんだ付けされているので、思いっきり引っ張らない事(切れるか金具が曲がります)と、取り外しができないのでショートに注意する事です。

1. 正面の透明カバーを外す
2. 内張りを入れて、はめ込んであるカバーを取り外す(少しずつ外す事)
3. 端子の間に紙等を挟んで電気が流れないようにする (安全の為)
4. 差し込んである純正バブル球を外す
5. LEDを差し込む
6. 挟んだ紙を抜いて点灯確認。点かなかったら逆に挿し直す
7. 両方変えたら、カバーを元通りに嵌めて完了

以上です。



初期の電球色。この透明カバーだけ外せば交換できなくも無いのでトライしてみるだけの価値はあります。カバーを外して純正球を抜いてLEDを差し込む。これだけでいいのですが、ここに入るLEDは厚みの問題で薄かったり厚かったり、更には長さもあったりして意外と面倒です。



カバーを外した所。赤・青のリード線が直接はんだ付けされているので、知らずに引っ張ると折れるか切れます。赤丸の部分が蓋と連動していて、蓋を開くと金属が接触して通電します。ここに紙を挟む事で通電しなくなるので、ショートする危険性が回避できる訳です。



特に難易度も高く無いのでこれで完了。自分の場合はLEDの端子が薄かった為、簡単に外れてしまうという事態に。仕方なく、端子にハンダを盛って厚みをつけて差し込みました。


これ入れたら明らかにエンジンの振動が少なくなりました。超濃縮ディーゼル清浄剤という事で500ml入っているのですが、1度に30mlしか使わないので16回分。送料込みで考えても1回180円前後なので添加剤としては激安。おまじない程度に入れていますが結構効果あるみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください