所謂SFC修行をしてSFCクレカを作りました

SFC(スーパーフライヤーズカード)、これはググればそれこそ星の数の程、情報が出てきます。物凄く雑に説明すると、ANAの飛行機を使う時に色々便利なクレジットカードの事です。例えば、空席予約やマイル航空券が優先的になる・航空会社ラウンジが無料で使える・マイルの付与率が増えるといった具合です。本来なら毎年沢山の飛行機に乗り続けないとその恩賞(ステータス)が受けれないのですが、このクレジットカード会員になる事で永久ステータス会員になります。

マイルで航空券を取れる事は有名なのですが、その枠が便ごとに決められているのは余り知られていません。ビジネスクラスであれば、1便につき1席か2席です。GW時期では予約が取れる1年前(の朝9時)には速攻で埋まるという位の熾烈さです。これがSFCホルダーだと優先的に予約が取れるようになります。家族や恋人と行くなら、是非とも欲しい特典です。詳細はANAのサイトに書いてあります。

 

で、このクレジットカードを取るには1/1~12/31までに決められた距離を乗らなくてはいけません。1年でリセットされる為、1年間で一定距離…これをPP(プレミアムポイント)といいますが、そのPPを貯める必要があります。このPPは取得するとランクがあがって行き、ブロンズ・プラチナ・ダイヤモンドとなっていきます。そして、SFCを取得するにはプラチナPP(5万PP)を貯める必要があります。さて、この5万PPですがどの位ずつ貯まっていくか…というと、75日前までに予約する旅割75Nで羽田・那覇間を往復したとします。この時に獲得できるPPは3592PP。14往復しないと獲得できません。これを誰が言ったかSFC修行というようです。そうなると、如何に効率的に5万PPを貯めるかという事になり、その情報がネットには散見していて、効率の良いネタを見つけたサイトは人気サイトとなり、結果アフリエイト専用サイトと化します(笑) ここまでがテンプレートの様です。

↑こんな感じです(笑) 更に悪化するとポイントサイトと提携して、子飼い会員を増やすという手段になります。

 

話が逸れましたがここまでが前提です。今年、仕事で海外に行く機会も多いし、いっちょ挑戦してみよっか!と思い立ったのが5月(笑) 半年も経っています。その後もうだうだしていたら7月になりました。この辺りで情報収集をして、どうやったら効率的に取れるか研究しました。すると、PP単価というものがあるようで、1PP辺り10円が基準だそうです。つまり5万PPで50万。それでプラチナステータスをクリアします。ところが世の中、もっと安くできるんじゃないか!と研究しているありがたい方々がいらっしゃいます。効率的ルートを模索している方々には(色々な意味で)頭が下がる思いです。

調べると、OKAタッチ(羽田・沖縄間)やOKA-SINタッチ(沖縄-国内どこか-シンガポール)という物が有名だそうです。シンガポールは今年、F1のナイトレースが最後じゃないか?と話題になっていたんですよ。結局延長しましたけど。という訳でちょっと仕事も絡めつつ、最後になるかもしれないF1を見よう!と決めました。あとは、心のオアシス(笑)のマレーシアへ行って、足りなければ単純往復しようと思いました。ちなみに、このPPはANAじゃなくても構いません。スターアライアンスグループに加盟している航空会社なら、どこでも付与されます。但しプラチナステータスを取りたい場合には、最低25,000PPはANA機に乗る必要があります。

 

で。8月末時点で 2250PP 貯まっていました。(仕事で上海に行った為) ここから効率的な方法を調べました。当然の事ながらエコノミーよりビジネスクラスの方が貯まります。国内でいうとプレミアムエコノミークラスというヤツです。プレミアムなエコって何だよと思いますが。

まず、OKA-SINタッチの予定をF1に合わせて組みました。ここでひと工夫。海外へ行く場合、国内の空港を格安で乗り継ぎして行く事ができます。この場合、沖縄から羽田、羽田からシンガポール、帰りはシンガポールから羽田、羽田から沖縄と乗り継ぎする訳です。するとスタートは沖縄からになります。というわけで、この旅程の前後に東京・沖縄便を別途用意します。ちなみに自分がやった時は、シンガポールから羽田が無くて泣く泣くシンガポールから成田にし、成田から羽田まではリムジンバスを使って移動しました。

実際の旅程はこんな感じです。2250PPは8/30までに獲得していました。

獲得PP 旅程 総合PP 費用 PP単価
8月30日 スタート 2250
9月14日 1476 羽田・那覇 (旅割75M / クラスK) 3726 \121,300 7.080318
9月14日 1968 那覇・成田 (国際線片道運賃 / クラスY) 5694
9月14日 5368 成田・シンガポール (プレエコUPビジネス / クラスE) 11062
9月19日 5368 シンガポール・成田 (プレエコ / クラスE) 16430
9月19日 1476 羽田・那覇 (国際線片道運賃 / クラスY) 18398
9月19日 1476 那覇・羽田 (旅割75M / クラスK) 19874

旅割75Mで羽田・那覇往復を9/14~9/19で確保。つまりこの旅券の間にシンガポール行ってる訳ですね(笑) で、OKA-SINタッチを組み込みます。実際はタッチじゃなくて観光です。タッチの名前の由来は、シンガポールついたら即日帰る事から来ています。シンガポールをタッチして帰る、だからOKA-SINタッチ。

さて、予約は那覇から成田を経由してシンガポールに向かいます。席はプレミアムエコノミーです。なぜエコノミーでは無く、プレミアムエコノミーを選んだかと言えばPPの積算率です。エコノミーでは積算率50%、プレミアムエコノミーは100%、更に搭乗ポイントが400もつきます。金額的には2.5倍位です。安く済ませるならエコノミー往復でしょうが、正直社会人として働いているのでそんなに時間は取れません。ここは多少高くても時間優先で取りました。

この往復で17624PPを加算する事ができます。PP単価は7.08 とかなり優秀です。ちなみに行きは空きがあったので、プレコアムエコノミーからビジネスにアップグレードしています。但しこのアップグレードで積算率は変わらないので注意。ただ寝て行きたかったので、アップグレードしました。

その時の旅行記はこちらです。

 

さて、次はマレーシアです。毎年1度は行っている位好きな国です。過ごしやすいし物価安いし、皆親切だと思います。ホテルがとにかく安いので長期滞在に向いているんですよね。英語もかなり判りやすいです。で、色々とこちらも調べた結果、エアチャイナのビシネスクラスが滅茶苦茶安いという情報をゲットしたので、そちらを使ってみる事にしました。勿論エアチャイナはスターアライアンスグループなので、PPはANAに加算可能です。

10月11日 5857 エアチャイナ 成田・クアラルンプール (ビジネス / クラスR) 25731 \81,020 6.91651
10月14日 5857 エアチャイナ 成田・クアラルンプール (ビジネス / クラスR) 31588

これ、最初はどの程度ポイントが溜まるか解らなかったんです。ただネットで調べるとだいたい往復1万PP程度は溜まると聞いたので、乗ってみる事にしました。成田から北京を経由し、北京からクアラルンプールへのルートです。こちらも搭乗記があります。しかしビジネスクラスの往復で8.1万は驚異です。ANA便だと大体23万位します。時期によっては10万という値段も出ます。2018年の2月後半がそんな感じですね。

で、こちらも北京で一泊し現地の方に頼んで頂いた紫禁城のチケットを受け取って、色々と観光しました。クアラルンプールではいつも通り、紅茶の買い付けです。半分仕事みたいな感じです(笑)

獲得したPPは11714PP、これでトータル31588PPとなってブロンズステータスクリアです。こちらのPP単価は6.91とかなり抑えられます。これをもう1往復してもいいかも知れませんね。プラチナステータスの5万PPは2.5万まで他社で稼げるので。

 

さて、ここまで来てあと2万PPです。そこで色々と調べた結果国内線の往復が一番楽だろうという結論に至りました。しかし、OKAタッチは超人気路線なのでまず取れません。自分は少しズラしてMYKタッチにしました。つまり、羽田・宮古です。これを全てプレミアムエコノミーで往復すれば、かなり短期で終わらせられるはずです。

しかもプレミアムエコノミーは、プレミアム旅割28という28日前予約で取ると格安になるものを使いました。幸いな事に平日お休みできる仕事なので、それに合わせて計算上足りる分を取れるだけ取りました。

11月7日 3295 羽田・宮古 (プレミアム旅割28 / Dクラス) 34883 \53,980 8.191199
11月7日 3295 宮古・羽田 (プレミアム旅割28 / Dクラス) 38178
11月9日 3295 羽田・宮古 (プレミアム旅割28 / Dクラス) 41473 \53,980 8.191199
11月9日 3295 宮古・羽田 (プレミアム旅割28 / Dクラス) 44768
11月24日 3295 羽田・宮古 (プレミアム旅割28 / Dクラス) 48063 \53,980 8.191199
11月24日 3295 宮古・羽田 (プレミアム旅割28 / Dクラス) 51358

これ、2017年まではこのPPが確保できたんです。ところが来年は変更されて、2018/3/15 – 3/16 ならプレミアムエコノミーの往復は現時点で、\33,980です。但し、獲得できるPPが1737PPに減っています。つまり、倍乗らないといけないので、時間的にはかなりの負担です。自分の時給単価を考えると、「多少高くついても最短で取りたい」を目標でしたので、概ね満足でした。宮古には知り合いもいたので、久しぶりに色々とお話もできて満足しています。

というわけで、プレミアムエコノミーの往復1度で 6590PP を確保。これを3回繰り返したので、19770PPの確保に成功。これでトータル51358PPを達成し、プラチナステータスまで到達しました。SFCクレジットカード発行条件を満たしたので、即WEBから資料請求しました(笑)

 

が、ここからオチがつきまして。このポイント以外にアップグレードポイントっていうボーナスポイントがあるんです。簡単にいうと、このポイントを使うとエコノミーからビジネス、ビジネスからファーストクラスにアップグレードできるポイントです。

このアップグレードポイントは、ANA便のみ加算されます。つまりエアチャイナは含まれません。恐る恐る確認すると…39644PPでした。サイトを確認すると4万PPで20ポイント。それ以下とは倍の差があります。エコノミーからビジネスクラスへは6~10ポイントでアップグレードできます。つまり1回分、損をする訳です。4万に届いていないので。365ポイント足りない…

 

ええ、仕方ない。乗りました。OKAタッチ。

12月8日 1476 羽田・那覇 (旅割75N) 52834 \17,780 6.023035
12月8日 1476 那覇・羽田 (旅割75N) 54310

ANA便利用分も4万を超えて、漸くアップグレードポイントが20ポイント貰えるようになりました。。長かった…

 

最終的な経費は、\382,040 で PP単価 7.44 でした。突然思い立った割にはよく取れたなぁと思います。12月に入って、来年の修行情報を見たら獲得できるPPが1737PPに減っていました。これだと時間が掛かりますし、単価があがる可能性があります。今年うまく滑り込めて良かったと思いました。

 

こんな感じで、計54310PP貯まりました。

そして、カードが届きました。やたら重厚です…と思ったら、中にグルメ・クーポンが入っていました。カードホルダーと二人で行くと大体一人分タダになるアレです。三井住友VISAのプラチナカードにもついてくるアレ。

実際のカードはこんな感じ。プラチナカードは年会費が86,400円とかなり高額なのですが、メリットがとても多いのです。まず、入会時に1万マイル。継続すれば1万マイルがプレゼントされます。1000円利用する度に15ポイント、つまり150マイルが加算されます。更に飛行機に乗る度にフライトマイルボーナス50%となるので、貯めやすくなります。個人事業主(レーシングドライバー業)の青色申告で掛かる税金の支払い、そして法人税や消費税の支払いにも使えます。今年から都税・国税ともクレジットカード払いできるので、更にマイル貯まるようになりました。そういった事を考慮して、年会費の元は十分とれるとふんだ上でこれにしました。

VISAにしたのは海外利用を考えているからです。海外でVISAが使えない所はまずありませんし、海外ATMでVISAキャッシングすれば現地で換金する必要もなくなります。帰国してすぐ繰り上げ返済すれば現地で取られる手数料より遥かに安いですし、何よりいちいちカレンシーエクスチェンジを探す手間や、店員がごまかしてないかと言った気苦労からも開放されます。このSFCカードとSPGアメックス(1年継続でグループ内ホテル1泊無料)。この2枚があればかなりお得に旅行ができます。

 

よかったらこちらから登録して頂ければ!(アフリサイトにありがちなセリフ) 私にも得になります(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください