lvm利用時にディスクサイズを大きくしてみる。

vmware なんかで仮想サーバをクローンして、「あーディスク容量増やそー」とか言う時に使うコマンド。よくやるんだけど、忘れてしまうので自分用メモ。

まずコマンド群。

# vgdisplay
# pvcreate /dev/sda3
# vgextend vg_testserver /dev/sda3
# df -h
# vgdisplay -v vg_testserver
# lvextend -l +100%FREE /dev/mapper/vg_testserver-lv_root
# resize2fs /dev/mapper/vg_testserver-lv_root

まず、vgdisplay で VG Name を取得。

次に、pvcreate で対象のディスクの物理ボリュームを作成する。例では /dev/sda3 になっているけど、便宜上なので環境に合わせる事。( 無ければ先にfdiskでパーティションを追加しておく事 )

そうしたら、vgextend で VG を拡張する。拡張名は、VG Name で取得したもの。

で、vgdisplay -v VG Name で Physical volumes に追加できているか確認。ここで一緒に、Logical volume の LV Path を調べておく。

問題が無ければ、lvextend で lvm を拡張する。オプションは記載の通り、後ろのパスは、Logical volume で調べたもの。

最後に、resize2fs で Logical volume を拡張して完了。

[2015/07/27 追記]
fdisk 分を書いていませんでした。
vmware vsphere client で 先にディスク容量を増やしておいてください。
fdisk の使い方はそれぞれググってね。勿論、fdisk 後は再起動する事。

# fdisk /dev/sda

# n -> p -> 基本的にenterで良いはず
# t -> 3(パーティション番号なので今回追加した番号) -> 8e
# w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください