vCenter Converter のクローン先で、仮想サーバからiSCSIが見えない


これバグなんかなぁ。ESXi 5.1で vCenter Converter を使って旧ESXiから新ESXiにクローン。新ESXiの内蔵HDDに入れる。その後、新ESXiでiSCSIを追加。クローンした仮想マシンでiSCSIのリソースを追加しようとすると、リソースにiSCSIが表示されない。新ESXi側の構成ではiSCSIが生きているので、単純に仮想マシンでiSCSIが見えないだけのようだ。

回避方法は泥臭いけど以下の通り。

新規仮想サーバを追加、iSCSIにリソースを作り新規HDDとしてvmdkを追加する。

クローンした仮想マシンの設定で、HDDを追加。これで既存のHDDを選択

iSCSIが選べるので、先程新規で作ったvmdkを選択して追加する。

クローンした仮想マシンのリソースに iSCSIが見えるようになる

クローンした仮想マシンの設定で、HDDを追加。今度は新規HDD先にiSCSIが選べるようになる。

先程追加した新規仮想サーバのvmdkを設定から削除する。

 
 
 
 
 

こんな感じ。

 

[rakuten]outletplaza:10671126[/rakuten]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。