MeWDL 氷上走行会に参加!


先日、MeWDL 氷上走行会に参加してきました。参加してから随分経つのですが、管理人が「多忙」のため更新ができませんでした。間違いなく多忙です。ゲームしていたからではありません。。

車の準備としては前後の車高を一番あげた状態にし、スタッドレスを前後に履いて完了です。念の為、ゴムチェーンも持って行きました。高速は雪はほぼ0、高速を降りても殆どありませんでしたが、最後の山間部はやはり凍っていたので、チェーンが必要になりました。

女神湖\

現地は快晴。走行会としては最高です。まずはチェーンを外して下回りの汚れを除去します。湖に泥を持ち込まないようにするためです。スチーム洗浄機でごりごりとやるだけでした。

ドラミも終了し、いざ氷の上へ! 氷上には簡易コースが設置されており、雪で両サイドに壁ができていました。後でこの壁で痛い思いをするのですが。。氷の上とは言え雪があったり、でこぼこがあったりするので、そんなにグリップしないという事でも無いようです。

コースはスラローム+オーバルな外周コースと、定常円・小オーバル・8の字の内周コースに分かれていて、グループを2つ作り時間で交代という感じです。

いざ走り出して見ると、氷が露出しているところでは何をしても曲がりません。周回を重ねると色々な車が雪を跳ね飛ばし、どんどん氷が露出してきます。ここでは荷重移動だとか駆動方式は関係なくなります。
単純に滑りだしてしまうと、ただの鉄の塊がすっとぶだけ。止まるかどっかのタイヤがひっかかってくれない限り、ハンドル操作もアクセルコントロールも無理になりました。と、なるとそういった氷の場所をいかにうまく越えるかという事になります。スラロームの場合、グリップする部分で姿勢を作っておいて氷の上に乗っていくという作業が必要になります。次のパイロンを超せるような姿勢のまま、横にスライドする形で氷の上に乗る・・・と言えばいいのでしょうか?なかなか説明がしにくい状況です。

ちなみに、完全に氷+水のところでは時速10km/h以下でもハンドルが効きません。そのせいで私は左右の硬い雪の壁に乗り上げてしまい、バンパーを激しく破損してしまいました(苦笑)

他の参加者を見ていると、おそるおそるという運転が目立っていたと思います。せっかくこんな機会は無いんだから、もっと思いっきり行ってもいいのになと思います。・・・それでぶっこわす自分もどうかと思いますが。

オーバルコースのストレートでは80km/hを超えました。そこまで加速すると、どこにすっとんでいくか解らなくなります。でも、あそこは滑りそうだから流して行こう!という気になってくるので不思議ですね。自分のような半素人でも、横向いたままコーナーを脱出するという事もできます。

走行中

定常円はもうひたすら猿のように回るって感じですね。ハンドルをカウンター当てたまま、操舵に頼る事なくアクセルだけで回る練習をしていました。8の字には目もくれずにそればっかりやっていたので、最後の方はゲロゲロに(苦笑)

というわけで、一日でかなりのレベルアップが期待できると思います。自分もまだまだアクセルがラフだったり、荷重移動がヘタだったり、ブレーキをスポーツABSに頼りすぎ・・・と課題がたくさん露呈しました。一日ぐったりするまで走れるので、オススメです。

東京からは、高速で4220円。時間にして休憩込みで3時間ちょいもあればつけると思います。

カテゴリー: Car

MeWDL 氷上走行会に参加!” への3件のフィードバック

  1. 面白そうだのぅ。こちらに雪降った時滑ってお尻がHIT!
    板金35kでした(;.;)

  2. それは痛いっすね。
    最近、多少擦っても気にならなくなりました・・・

    すでに外装ボロボロですしね(苦笑)

  3. ピンバック: Openair Diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。