[FYI] Android x86 on vmware ESXi


Androidのデバグ環境が必要になりました。だけど実機だとめんどくさいし、エミュレータは遅すぎる…という訳で、vmware上で動作させてみました。vmware player の記事はググれば沢山ヒットしたので、ESXi で動作させてみました。

って言っても、全然大した事ないんですが(笑) liveイメージだから基本は x86 で CD-Boot すれば良いだけです。

Android-x86 – Porting Android to x86より、 isoデータをダウンロードします。自分は、「Android-x86 2.2 live & installation iso for generic x86 PC/notebook/netbook/tablet 」をダウンロードしました。

次に、「VMware vSphere Client」 を利用してデータストアに iso をアップロードします。

アップロードが完了したら、新規仮想マシンを作成します。256MBに1coreもあれば十分です。Liveイメージなので、HDDも作成しなくて大丈夫です。CD/DVDドライブに、先程のisoデータをマウントして、「パワーオン時に接続」のチェックをいれます。後はそのまま起動するだけ!

こんな感じに起動しました。XDAndroid なんかでおなじみの初期画面です。

バージョンはこんな感じ。2.2.1 で kernel は 2.6.35 です。
あとはデバグモードをオンにしてエミュレータと同様にすれば、そのままデバグ可能です。setting -> Language で日本語化も可能です。

やはり実機が良いという方にはコレなんていかがでしょうか。QVGAですが 800MHz に内蔵メモリ 4GB 、 wifi付きです。
[rakuten]newsky:10000598[/rakuten]

[FYI] Android x86 on vmware ESXi” への2件のフィードバック

  1. Could you let me know detail configurations for EXSi to install Android? When I choose “create/modify partitions” in choose partition step, it makes an error like as “Fatal error: cannot open disk Press any key to exit cfdisk”. How do you solve it ? Thank you in advance !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。