dell dsetツール を CentOS 6.2 で動作させる


多分、他のバージョンでも同様の手順でいけるかも。
Dellのdsetは起動時にOS判定をしています。
その判定箇所は、/etc/redhat-release と /etc/issue です。
というわけで以下の手順を実行。
n+20は20行目からバイナリが始まっているという意味なので、エラーが出たら行番号を確認してください。

mkdir delldset
wget ftp://ftp.us.dell.com/FOLDER00481758M/1/dell-dset-3.2.0.141_x64_A01.bin
tail -n+20 dell-dset-3.2.0.141_x64_A01.bin |  tar -xzv -C delldset
cd delldset

上記までやったら/etc/redhat-release と /etc/issue を修正

mv /etc/issue /etc/_issue
touch /etc/issue
echo "Red Hat Enterprise Linux Server release 6.2 (Santiago)" >> /etc/issue

mv /etc/redhat-release /etc/_redhat-release
echo "Red Hat Enterprise Linux Server release 6.2 (Santiago)" >> /etc/redhat-release

あとは実行してCUIに従ってください。

./install.sh

[参考情報]

Red Hat Enterprise Linux Server release 6.2 (Santiago)
Red Hat Enterprise Linux Server release 5.4 (Tikanga)
Red Hat Enterprise Linux Server release 5.3 (Tikanga)
CentOS release 6.2 (Final)
CentOS release 6.1 (Final)
CentOS Linux release 6.0 (Final)
CentOS release 5.7 (Final)
CentOS release 5.5 (Final)
CentOS release 4.6 (Final)
Fedora Core release 4 (Stentz)
Debian GNU/Linux 4.0
Turbolinux Server 6.5 (Jupiter)
SUSE Linux Enterprise Server 9 (ia64)

dell dsetツール を CentOS 6.2 で動作させる” への2件のフィードバック

  1. CentOS6.3でdset-3.2.0.141を起動する方法を探していたところ,
    こちらのサイトに辿りつき,参考にさせて頂きました.
    大変助かりました.

    補足というわけではないですが,
    色々試してみた情報の共有をさせて頂ければと思います.

    /etc/issue と /etc/redhat-release の両方とも下記2行
    Red Hat Enterprise Linux Server release 6.3 (Santiago)
    CentOS release 6.3 (Final)

    この状態でdsetをtarで展開せずに実行可能でした.
    記事の冒頭で述べられている通り,判定箇所のみの変更で大丈夫なようです.

  2. お返事ありがとうございました。

    それから情報ありがとうございます。
    解凍しなくてもいけたんですね。
    確かに単純な文字列判定だけなら解凍いらないですよね(笑)
    先に解析から入ったので、こんな記載になりました。

    お役に立ててよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。