coinhive の有効性テスト


最近話題の仮想通貨、サイトにコードを仕掛けてユーザーのCPUを利用してマイニングするという技。広告に頼らないサイトとして物議を醸しています。

人気サイトがアクセス数の多さを利用し閲覧者のCPUパワーで仮想通貨マイニング、広告に代わる収入源になるか?

 

WordPress にも Coinhive WordPress というプラグインがあって、それでマイニングする事ができます。このサイトは実験サイトなので、テストしてみました。(そしてテストしていた事を忘れたという…) 実際のテスト期間は1ヶ月程です。ただユーザーの負荷になりすぎては行けないので、スレッドは 0.5 にしました。coinhive.com にアカウントを作ってAPIを記載すれば、後は勝手に動作します。

このサイトのPVはそこそこ多かったりします。分野によってはGoogle検索のトップページにもランクする位のサイトとお考えください。それで上記の結果でした。0.01298XMR のマイニングができた事になります。XMRとはモネロ(Monero)という仮想通貨です。で、0.01298XMRは日本円にすると、271円です。スレッドが0.5なので、2スレッド等にすると1,000円ちょい。サイトの安いクラウド代が辛うじて賄える程度です。超大手サイト(月間1000万PV)クラスが2スレッドくらいで動作させたら、まあまあの儲けになるかも知れませんね。

少なくとも広告がバシバシ貼られた汚いサイトとか、スマホによっては画面を埋め尽くす浮き上がってくるバナーを貼らなくても運用できる事になります。アフリエイトが嫌いな人にとってはいいかも知れません。

ただやはり許可は必要かな?と思います。サイトを続けるにもそれなりに苦労があるので、サイトの有効性を認めた時にはアフリリンクの変わりにマイニングを…というのも悪くない選択肢かも知れません。嫌な人は許可しなければ良い訳で、無理矢理広告を見させられるよりかは良いかな?と思いました。

という訳で、Coinhive WordPress は停止しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。