Mi Band 2 が発売されたよ!


Xiaomi から 新しいアクティブトラッカーの Mi Band 2 が発表されました。ちなみに香港に行った時、Band 1 を使っていましたが、どこかで落として無くしました(笑)

さて、このMi Band 2。簡単に言うと、腕時計型歩数計兼心拍計。他にも、スマホと連動して通知を行ったりするわけです。それが何と、公開時で149人民元(2265円/2016.07.06)です。ありえない程安い!これならちょっと使ってみたいって人には丁度良いですよね。失敗しても痛くない出費です。

 

これが、ソニー製となるといきなり1.6万。

ソニー ウェアラブル活動量計・心拍計(ホワイト)SONY SmartBand 2

性能は良いかも知れないけれど、ちょっとお試しで使って見るとなるとハードル高いですよね。ブランドって意味もあるんでしょうけれど、まずは間口が広がらないと意味が無いと思うのです。

 

Mi Band 2 はOLEDディスプレイがつくようになり、その場で歩数や心拍数、時計が判ります。それでいて、充電無しで20日程持ちます。スマホが無くても判るようになったのはとても大きい!軍用の加速度計と心拍計が採用されたらしいのですが、軍用の心拍計?ちょっと判らないです。ちなみに先代は、昼間に寝ても、睡眠時間としてカウントされませんでした。

先代同様ですね。中に充電用のUSB接続ケーブルと本体、それだけのシンプルさ。説明書もほぼ無く、押したら見えるよ、あとはアプリ使ってね。それだけ(笑)

ボタンぽく見えますが、これは触れれば表示されます。時計、歩数表示、心拍計の順番。本体は7g程なので、バンドをつけても20g行きません。先代同様、つけている感覚が殆ど無いのは素晴らしいですね。充電は3時間でフルになります。ちなみにIP67防水なので、水泳してても問題ありません。この金額でこの性能。コストパフォーマンスは素晴らしいかと。

装着感はこのくらい。シンプルでとても好きです。下手にごちゃごちゃしていると気になりますし、このくらいシンプルで良いのですよ。あと、時計を見る仕草をすると、時間を表示します。普段は真っ黒なので電池の消費を抑えてるんですね。何気に嬉しい機能です、これ。

スマートフォン側は、Mi Fit というアプリを使います。昔は野良アプリだったのですが、今はGoogle Playからダウンロードできますね。

 

設定方法は省きます。普通のペアリングと変わりませんし、特筆する所はありません。この画面では歩数計が表示されます。この時に、Mi Band2と通信して同期します。グラフも残るのでトラッカーとしては上々。

睡眠時間も記録されます。先代は昼間に寝てもカウントされませんでしたが、今回はどうでしょう?まだ使い込んでいないので、それはそのうちに判明するかと。こうやって日常を記録するのって大事ですね。Deep Sleepが深い眠りらしいです。有人曰く、ここが3時間超えてると、かなりすっきりと一日が過ごせる、とか。そういう目安にもなりますね。

プロフィールです。こんな感じで記録されていきます。ちなみに最初の画面の、Heart rateの画面から下の「Measure」を押すと心拍数が計れます。私は、別の有料アプリ「Tools & Mi Band」を使って記録しています。まだBand2には対応していませんが、Band1の頃は、このツールがめちゃくちゃ便利だったんです。

Google Play で手に入れよう

何と定期的に心拍数を計って記録してくれます。通知のバリエーションも沢山作れたり、すこし仮眠を取りたい時に振動で起こしてくれたりと、\219の価値はあります。自分も少し、翻訳の手伝いをしたので、その内に日本語版が出てくれる事を期待したいと思います。

 

機会があれば、是非お試しあれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。