本当にBMWは2.5万kmをオイル交換無しで乗りきれるのか?


最初に注意しておきます。これを参考にオイル交換を怠った結果、どんな被害が出ようとも当方は知りませんし責任も取りません。走り方、環境により全てが同じ条件はありえないからです。あくまで読み物として、お読み下さいませ。

フィーリングに関しては、腐ってもレーシングドライバーなので、普通の方より敏感…のはずです。

という前置き(保険)はさておき。テストする機会に恵まれたので、やってみました。ドナーは、2010年10月後期型116iです。JC08モード燃費は13.6km/L、との事ですが、実際の所、都内をぐるぐる回ってれば、せいぜい9km/Lくらいです。この個体をテストに使います。新車保証期間があるので、正規の使い方で壊れたら全面的に保証で直せるからテストできた、という背景です。(元々ディーラー推奨が2.5万km)

個体の走行距離は、前回交換時で7.6万km。ディーラーで整備済、勿論オイルは純正、オイルフィルターも純正を使用しています。このまま1年と少しで2.5万kmを走破してみました。

 

結果はというと…走れました。特に不具合もありません。それでは、オイル交換してみましょう。どうなっているでしょうか?

紙製のフィルターは、崩壊が始まっていました(笑) BMWはフィルターの中身だけを交換するタイプなので、中身は紙製です。フィルター自体は機能しているようですが、崩壊も近いので宜しくは無いでしょうね。

肝心のオイルはというと、シャバシャバ。かろうじて粘度は保っているものの、汚れは酷くてエンジンには良く無さそう…と思います。エンジンは当初に比べ、だいぶディーゼルの様な音がしていて、通常よりも音は大きくなりました。

私は基本的に変速をDレンジでは無くマニュアルで行うので、エンジンもよく回します。オイルが悪くなると、変速時の回転の落ちが早くなります。粘度が落ちてきたからでしょうか?原因は不明です。それから振動がハンドルやシートから伝わってきます。ゴロゴロ言う不快な音。平均燃費は 8.7km/L(BMWコンピューター計測)

 

さて、これをオイル交換して同じように都内を2000km程走ってみました。結果は…

うーん、如実に伸びましたね。勿論乗り方や気候、その他様々な条件が変わるので完全に比較はできませんが、それでもそれなりに変わるようです。

実際に乗ってみて、明らかにエンジンノイズは小さくなりました。アイドリング時の不快な振動も消えていますし、トルク感も明らかに変わっています。イメージで言うと、引っ掛かりが無く加速していく感じ。シャシダイに載せたわけではありませんが、トルクは上がっているはずです。結果、アクセルの踏む量が減って燃費が伸びた可能性は高いと思われます。

一番良いのは、やはり音と振動。ノイズが消えた事で爽快に走れます。気分的にはこれが一番大きいですね。

 

で、結論は…1~1.5万kmか1年ちょいくらいで交換するのが、一番(気分的に)良いと思います。BMWはLonglife-01に適合したオイル推奨なので、ディーラーのオイル交換は高いよ!というのであれば、Castrol EDGEやBPスーパーVプラス、Shell HELIX Ultra 辺りを入れて定期交換するのがベストで無いかと思いました。例えばジェームス辺りで会員になると、オイル交換工賃が1年無料なので、4L 5~6000円で交換できますし。

ちなみにその後、更に交換して Castrol EDGE で3000kmほど走りました。まだフィーリングはそれほど悪化していません。

 

今回はこんなテストをして見ましたというレポートです。いやいや5000km交換必須だ!交換しなくても大丈夫だ!ディーラーは完璧で市販店は作業員の交換クオリティが云々みたいな、宗教戦争の様なコメントは要りません。あしからず。

 

       

カテゴリー: Car

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。