やっぱり使えない Zenlogic

先日、「 契約してはいけない Zenlogic 」 というエントリを公開致しました。少なからず検索して流れてくる方がいらっしゃって何よりだと思います。ひとつの判断材料にしていただければと思ったのですが…、最近こんな広告を見つけました。

ツイッターのリアルタイム検索をすると、すぐに出てきます。「高速・大容量のYahoo! JAPANのIaaS型クラウド基盤採用 コスパ最高!パワーアップしたレンタルサーバー Zenlogic」 に 「レンタルサーバーZenlogicプランS/12ヶ月契約:10,675円(税抜) 0円で面倒な手続・設定はおまかせ!WordPressサイトを快速オープン」だそうで。

Original Stitch で買っては見たけれど…

最近オーダーブームが続いている自分。最近やたらと Original Stitch の広告がWEBに表示されているんですよ。でも 7~9,000 円と高価でなかなか手が出なかったのですが、たまたま半額お試しセールがやっていたのです。

これ幸いと頼んでは見たのですが…結論から先に言うと、微妙でした。箱を開けてみるまではワクワクだったんですけれどね…

krile starryeyes ver 3.0.0 で DMエラー

普段 krile starryeyes を利用しているのですが、9/14 になってDM系のエラーが多発する様になりました。APIの仕様が変わった模様です。

ネットの情報を集めて、StarryEyes-master から git clone して該当箇所を修正しました。作者様が長期休養中らしいので即修正は無理だと思い、コンパイルが出来ない人向けの為にバイナリだけでも公開致します。MIT License だから大丈夫だと思いますが…

Krile StarryEyes 3.0.0 差分

解凍して、中身を取り出したら krile starryeyes フォルダに上書きすれば大丈夫です。更新されたか否かは、settings -> Krile について の一番下に「revised by」の一行が追加されていれば更新されています。データが消える事は無いと思いますが、全て自己責任で宜しくお願い致します。それから、自分はプログラマでは無いので機能追加とかこのバグ直してというのは無理です。

 

一応、自分の環境では動作していますが、友達少ないので更新後、まだDMは来ていません(´・ω・`)

早く作者様が復帰されると良いですね。

契約してはいけない Zenlogic

ある機会があって使う事になった、Zenlogic ファーストサーバと言えば、業界人なら「あぁ…」と言うはず。歴史に残る大事件を引き起こした会社です。あれから早4年。どうやら自社サーバはやめて、全てYahooプラットホームベースに乗せたクラウドサービスを初めたようです。