CentOS 5.5 で liblua-5.1.so が無い?

ある環境において rpm で mysql が入っていたヤなサーバがあったのですが、mysql-devel を導入しようとするとエラーが出てしまう。

mysql-proxy-0.5.1-1.el5.x86_64 from epel has depsolving problems
–> Missing Dependency: liblua-5.1.so()(64bit) is needed by package mysql-proxy-0.5.1-1.el5.x86_64 (epel)
Error: Missing Dependency: liblua-5.1.so()(64bit) is needed by package mysql-proxy-0.5.1-1.el5.x86_64 (epel)

こんな感じ。探してみると確かに無い。どうやら lua 5.1.4 には存在しないらしいので、バージョン指定してインストールする。

yum -y install lua-5.1.2

これでok。

CentOS(x64) + mysql 5.1.50 + php-5.2.14 のコンパイルで

mysql の configure オプションの注意。
特には無いけど、mysql4と違ってinnodbがplugin化したので

–with-plugins=innobase,innodb_plugin,myisam 

的なオプションをつける。

phpのコンパイルは注意。

–with-libdir=lib64 \

を付けるのはお決まりとして、–with-mysqlをつけるといつものエラーに悩まされる。

configure: error: Cannot find libmysqlclient under /usr/local/mysql

こんなの。

ldconfig に追加してみてもダメで、最終的に

ln -s /usr/local/mysql/lib /usr/local/mysql/lib64

これでうまくいった。
with-libdir=lib64 つけると、mysqlライブラリも /usr/local/mysql/lib64 を参照しに行くのね…
(もちろんmysqlのインストール時に /usr/local/mysql/lib と指定してた状態の話。
/usr/local/mysql/lib64 にインストールするオプションつけていれば問題無い)
もうちょっと分かりやすく表記しとけよ、と思いつつ。