国会論争がバラエティより楽しい

麻生さん、また戻ってきてくれないかなぁ・・・
この政権があり続ける限り根本的な景気回復は無理だと思うし、外国人参政権や子ども手当を含めた緊急性の無いものばかりが取り沙汰されてて、先行きが暗すぎるですよ。
今一度、彼らがやってきた事を自分の目でしっかり判断して、何を政治に求めるのか考えるべきだと思います。




Linux software RAID5 にアクセスできなくなった

自宅で使っていたfileserver。実験も兼ねて、md の software raid5 を組んだのは2年前。

#!/bin/sh

PEXIST=`grep “(F)” /proc/mdstat | wc -l`
if [ ${PEXIST} -ne 0 ]; then
touch /data/Raidfail
else
sleep 1
fi

こんな shell script を1時間に1度走らせてRAID状態のチェックをしておいた。
数日前、Raidfail というファイルができました・・・っと。確認してみると、sdbが死亡の様子。

cat /proc/mdstat
Personalities : [raid6] [raid5] [raid4]
md0 : active raid5 sda[0] sdc[2]
976772992 blocks level 5, 64k chunk, algorithm 2 [3/2] [U_U]

unused devices:

sdb がactiveから無くなってますな。 で、そんな状態で再起動したら勿論デバイスが存在しないと怒られた。
一旦シングルモードで起動して /etc/fstab から /dev/md0 のマウント部分をコメントアウトして再起動。

mdadm –detail /dev/md0
mdadm: md device /dev/md0 does not appear to be active.

存在しないらしい。データが壊れるかもしれないけど、mdadm でRAIDを叩き起こす。

mdadm –assemble /dev/md0 /dev/sda /dev/sdb /dev/sdc

しかしエラー。–forceオプションつけろと言われてる。仕方ないので追加。

mdadm –assemble –force /dev/md0 /dev/sda /dev/sdb /dev/sdc
mdadm: /dev/md0 has been started with 2 drives.

マウントした。というか、/dev/sdb は壊れてるんで、ぶっちゃけraid情報から削除してもよかったんだけど。
RAID情報の確認。

mdadm –detail /dev/md0

/dev/md0:
Version : 0.90
Creation Time : Sun Apr 5 04:41:59 2009
Raid Level : raid5
Array Size : 976772992 (931.52 GiB 1000.22 GB)
Used Dev Size : 488386496 (465.76 GiB 500.11 GB)
Raid Devices : 3
Total Devices : 2
Preferred Minor : 0
Persistence : Superblock is persistent

Update Time : Sun Mar 7 14:10:03 2010
State : clean, degraded
Active Devices : 2
Working Devices : 2
Failed Devices : 0
Spare Devices : 0

Layout : left-symmetric
Chunk Size : 64K

UUID : 015ec444:4cb7b106:1916a3d9:a8e77f78
Events : 0.52320

Number Major Minor RaidDevice State
0 8 0 0 active sync /dev/sda
1 0 0 1 removed
2 8 32 2 active sync /dev/sdc

sdbは removed されてました(笑)
これでマウントが可能になったので、 /etc/fstab のコメントアウトを削除。mount -av でマウント。
読めるようになったので、急いで新fileserver(作っておいた)にコピーして完了。
ちなみに新fileserverは自宅で5年程頑張って引退していた AthronXP 2200+。マザーボードはMSI 746 Ultra。
まだまだ老体に鞭打たせて(笑)頑張っていただきます。

ここに玄人志向の SATARAID-PCI と corega CG-LAPCIGTR。後者はMTU7200までしか対応してなかった・・・。
WesternDigital WD20EARS * 2 を SAPARAID-PCI に接続して終了。
SATA2にしたかったけど速度が必要じゃないし、GbE経由で300Mbpsが限界だからコレで充分。

CentOS 5.4(cui only) + samba + fuppes + RDService(東芝RD用受け)
あと何か適当にぶちこんで完了。

[FYI] CentOS 5.* + fuppes インストール手順

自分用メモです。
まずは、yum に rpmforge をインストールする必要がある。
(ファイルは適当に探してきてね)

rpm -ivh rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm

次に必要なパッケージやライブラリをyumでインストール。
自宅用という事でめんどくさいので適当にどかどかぶっこむ。

yum -y install “taglib*”
yum -y install “ffmpeg*”
yum -y install “exiv2”
yum -y install “lame*”
yum -y install “flac*”
yum -y install “libmpcdec*”
yum -y install “libmad*”
yum -y install “twolame”
yum -y install “simage”

wget http://ffmpegthumbnailer.googlecode.com/files/ffmpegthumbnailer-2.0.0.tar.gz
tar xvzf ffmpegthumbnailer-2.0.0.tar.gz
cd ffmpegthumbnailer-2.0.0
./configure ; make ; make install

fuppes (fuppes-SVN-660)
http://fuppes.ulrich-voelkel.de/

ダウンロードしてきて解凍。

./configure \
–enable-transcoder-ffmpeg \
–enable-lame \
–enable-twolame \
–enable-tremor \
–enable-mad \
–enable-faad \

こんな感じでコンパイル。何故か、いくつかのオプションが有効にならない。 tremor も twolame も ffmpegthumbnailer もダメだ。/usr/ib/以下にちゃんと.soあるのに。

CONFIGURATION SUMMARY

audio transcoding plugins
encoder:
lame : yes
twolame : no
pcm/wav : yes
decoder:
vorbis : yes (libvorbisfile)
mpc : yes
flac : yes
faad : yes (aac/mp4/m4a)
mad : yes (mpeg Layer I, II & III)

video transcoding plugins
ffmpeg : enabled

image conversion/rescaling plugins
ImageMagick : enabled (Wand C-API)

audio metadata extraction plugins
taglib : disabled (mp3, ogg, flac & mpc)
mpeg4ip/mp4v2 : disabled (mp4/m4a)

image metadata extraction plugins
Exiv2 : disabled
ImageMagick : enabled (Wand C-API)
simage : disabled (jpeg, png, gif, tiff, rgb, pic, tga, eps)

video metadata extraction plugins
libavformat : enabled
ffmpegthumbnailer : disabled

miscellaneous
iconv : enabled (charset conversion)
uuid : enabled
inotify : enabled

Thanks for using fuppes
please report bugs

気にしないで、make , make install する。

初回は /usr/local/bin/fuppes のコマンドを起動。

WARNING: Do not run fuppes as the root user.
future versions of fuppes will not allow this
FUPPES – 0.660
the Free UPnP Entertainment Service
http://fuppes.ulrich-voelkel.de

detected ip 127.0.0.1. it’s possible but senseless.
please enter the ip address or name (e.g. eth0, wlan1, …) of your lan adapter:

という表示がされるので、ipアドレスなりeth0なり入力。rootユーザーで起動すんなというメッセージがでているので気にする人は変更。自宅用ローカルものなので気にしないようにする。起動すると、以下のようなメニューが表示される。

r = rebuild database
u = update database
i = print system info
h = print help

press “ctrl-c” or “q” to quit

ひとまず、r -> u と押して q を押して quitする。起動したユーザーディレクトリ以下に .fuppes ができている。

cd ~/.fuppes/
vi fuppes.cfg

cfgファイルを編集。web用インターフェイスのポートを固定する。
xxxxxは任意のポートで。

<http_port>xxxxx</http_port>
※全角〈〉注意!

このままだと、m4vとか表示できないので、それも追加する。

<file ext=”m4v”>
<type>VIDEO_ITEM</type>
<mime_type>video/mp4</mime_type>
</file>
※全角〈〉注意!

あと、PS3やXBOXを使いたければ、該当箇所のenabled=”false”をenabled=”true”にする。これでok。
そうしたら /usr/local/bin/fuppes のコマンドを起動してブラウザからWEBインターフェイス画面にアクセスしてみる。
http://192.168.0.*:xxxxx

左上部の[Menu]から[Configuration]を押す。
[Add objects]にデータの入ったディレクトリを指定して、[実行]を押す。
これでobjectが追加されるので、[Menu]から[Options]->[rebuild database]と[update database]をクリック。
データはsqlliteでさっきのディレクトリに保存される。
[Menu]から[Status]を確認して、object.item.videoItem の count が増えてれば大丈夫。
PS3なりXBOXなりで見れるはず。

ただPS3の場合、起動して一度ビデオから fuppes にアクセスした後。
データ追加して[rebuild database]して、もう一度PS3経由で fuppes にアクセスすると、Segmentation fault のエラー吐いて、 fuppes が死んでしまうらしい。
一度PS3の電源を切れば問題無いみたいなんだけど、運用時には注意されたし。

と言っても、ただの忘却録なので参考になればー程度で。
ちなみに Transcoding Video on-the-fly は

<device name=”Xbox 360″ virtual=”Xbox 360″ enabled=”true”>
<user_agent>Xbox/2.0.\d+.\d+ UPnP/1.0 Xbox/2.0.\d+.\d+</user_agent>
<user_agent>Xenon</user_agent>
<xbox360>true</xbox360>
<file_settings>
<file ext=”mp3″><type>AUDIO_ITEM_MUSIC_TRACK</type></file>
<file ext=”jpg”><type>IMAGE_ITEM_PHOTO</type></file>
<file ext=”avi”>
<type>VIDEO_ITEM</type>
<mime_type>video/x-msvideo</mime_type>
<transcode enabled=”true”>
<transcoder>ffmpeg</transcoder>
<ext>wmv</ext>
<mime_type>video/x-ms-wmv</mime_type>
<video_codec>wmv2</video_codec>
<audio_codec>wmav1</audio_codec>
<video_bitrate>2400000</video_bitrate>
<audio_bitrate>128000</audio_bitrate>
</transcode>
</file>
</file_settings>
</device>
※全角〈〉注意!

こんな風に書くといい。