スーパー耐久2009 開幕戦レポート【決勝】

天候 晴れ / 路面コンディション:ドライ / 気温:12.2 ℃
決勝: 13:00 ~
決勝結果 5位 (総合19位) / 出走27台

日差しが当たる場所にいれば多少の温かさを感じる程度の陽気。予選よりは路面温度も上がるのでタイヤのグリップ力アップに期待したい。
利用するタイヤはミディアムとした。

20090329_06

1周のウオーミングラップのち、グリーンランプが点灯し一斉にスタート!前は#67号車YAMATO CIVIC。その前は#95号車SPOON S2000。1コーナーへの進入は#67号車が#95号車のアウトから同時に。そのすぐ後ろにつけて様子を窺う。立ち上がって3コーナーまでの加速では#67号車・#95号車とも互角。当チームの車両(#29号車)はエンジンパワーで劣る為、じりじりと離されていく。

スーパー耐久2009 開幕戦レポート【予選】

20090329_01

天候 晴れ / 路面コンディション:ドライ / 気温:10.0 ℃
Aドライバ(藤原) ST-4クラス: 09:15 ~ 09:30
Bドライバ(福田川) ST-4クラス: 10:00 ~ 10:15
Cドライバ(松本) ST-4クラス: 10:30 ~ 10:50
予選結果 7位 (Aドライバ: 2’13.449 / Bドライバ: 2’12.541)

天気は快晴だったが昨日同様に気温が上がらず、路面温度も低めであった。日差しも強くない為、タイヤの温まり不足が予想される。決勝を見越し、藤原選手のアタックで利用するタイヤはハードタイヤとした。決勝でもハードタイヤを付ける為であったが、結論を先に言えばこれは失敗だった。タイヤが本来のグリップを得るまでに時間が掛かり過ぎてしまい、予選でも決勝でもタイヤを使いきれるまでには至らなかった。

ちなみにタイヤには4種類ある。ハード・ミディアム・ソフト・スーパーソフトとあり、右に行くほどグリップ力は上がるが耐久力が減る。逆に左に行く程耐久性が高いが、グリップ力は低めとなる。

セッティングは現状取れる最善であったと思われる。向きを変えやすい為に、細かなコーナーでは抜群の回頭性で車両を引っ張っていく。残念だったのはタイヤがハードの為、多少大きなコーナーではタイヤのグリップが発揮される前に流れてしまい、アクセルが開けられない状況であった。タイヤの皮むき・熱入れを入念に行いアタック3周、そのうちベストタイムは最後の6周目だった。昨年の予選タイムが 2’14.824 に対して今年は 2’13.449 と昨年に比べ1.5秒のタイム更新となる。

福田川選手もセッティングは変更せず、タイヤのみ変更とした。ミディアムタイヤにしてのアタックとなる。こちらも藤原選手同様にタイヤの温まり方が遅い為、ベストタイムは最後の7周目に記録される。昨年度のタイムが 2’13.857 に対し 2’12.541 とこちらも1.3秒のタイム更新になった。

その後、松本選手の基準タイムクリア予選となるが、その際にトラブルが発生した。今年よりレギュレーションでチルトアップ装置を装着する事が義務となったが、これを止めている内部の3本のネジが緩むという事態に。基準タイムはクリアしていた為、急いで車両を入れ修復作業を行う。一旦すべてを外し、ネジロック剤を付けて取り付けするも事態は変わらず。不安を抱えたまま決勝に向かう事となった。