このファイルタイプはセキュリティの観点から許可されていません。

ある日突然、Wordpressでファイルをアップロードしたら、こんなエラーを吐いた。「このファイルタイプはセキュリティの観点から許可されていません。」

 

ずっと問題無く利用できていたのに。調べて見ると、4.7 からそうなったようだ。ぐぐったりフォーラム等で調べると、functions.php に追加しろというすっとんきょうな回答ばかり。書いてあるってば。

で、色々調べた結果、以下の2通りの方法で回避できた。

・ wp-config.php に define( ‘ALLOW_UNFILTERED_UPLOADS’, true ); と記載する方法

・ Disable Real MIME Check プラグインを入れる方法

但し、前者はどうやら管理者権限を持っていないユーザーには有効にならないらしい。投稿者がアップロードする為には、後者の Disable Real MIME Check プラグインを入れるのが一番楽だと思われる。 4.7.1 でも同様のエラーが出ているので、しばらくはこの方法で回避するしかなさそうだ。

 

というかいきなり変えないで欲しい。

 

2017/02/06 追記

「Disable Real MIME Check プラグイン」ですが、WordPress 4.7.3 では削除するように更新されていました。どうやら 4.7.3 でこの不具合というか仕様が変わる模様です。4.7.3 になったら削除しましょう。念の為、この記事自体は残しておきます。

尚、WordPress 4.7.0 と 4.7.1 には脆弱性があり、改ざんされてしまう恐れがあります。至急、4.7.2 へのアップデートをオススメ致します。

ReadyNAS Ultra のファームウエアを4.x系から6.x系にアップデートする

※ この作業ではHDDが全て消去されます!既存で利用している ReadyNAS Ultra では絶対に行わない事!

※ 作業をするのであれば、全てをバックアップしてから作業してください!

※ 一切の責任は負いませんので、各自のご判断で作業してください!

 

ReadyNAS Ultra 系のファームウエアは公式上、4.2.30 で止まっています。それを6.x系にアップデートする方法です。実際に作業をしてみました。

対応機種は以下の通り。

ReadyNAS 2100v2
ReadyNAS Pro,Pro 2,Pro 4,Pro 6
ReadyNAS Ultra 2,Ultra 4,Ultra 6

 

まず、ファームウエアとアドオンを準備します。

[アドオン] http://www.readynas.com/contributed/mdgm/r4tor6/PREP4TOR6_0.1-x86.bin

[ファームウエア] https://www.readynas.com/contributed/mdgm/r4tor6/R4toR6_6.6.1.bin

そうしたら、設定画面の Add-ons の Add new から PREP4TOR6_0.1-x86.bin をインストールします。

インストールが完了したら、再起動等はせずに System から Update を選択して R4toR6_6.6.1.bin をインストールします。スクリーンショット上では、R4toR6_latest-beta.bin となっていますが、当時はこれが最新版だったのでそちらを選んだだけです。

インストールが完了したら Shutdown and reboot device を選択して再起動します。

RAIDの再構築等があるので、とても時間が掛かりますが再起動すれば、最新版のファームウエア(執筆時点で 6.6.1 )が導入されます。

管理画面のパスワードもリセットされているので、admin / password でログインしてください。完全に工事出荷時に戻った状態の設定画面が表示されました。勿論HDDも初期化されています。

 

ver 6.6.1 は、クラウドバックアップに Amazon Cloud Drive への同期が可能になっています。自分は写真をよく撮るのですが、何と Amazon Cloud Drive は Prime サービスに登録していると、画像のアップロードは無制限に行えます。既に、200GB程度アップロードしましたが、問題無く利用できています。無くなると困るので、このサービスはとてもありがたいですね。勿論、ReadyNASから自動アップロードされるので、同期は完璧です。アドオン系も全て動作しています。

 

試してみる価値はあると思います。但し、何度も言いますが自己責任でお願い致します

(終了) EaseUS Todo Backup Home 9.2 一日限りの無料配布决定!

以前、EaseUS Todo Backup Workstation 8.3 レビュー という記事を書かせて頂きました。比較的アクセス数も多く、Google検索でも「EaseUS Todo Backup Workstation」と入力すると、何と1ページ目に表示されています。やはり、皆さんもバックアップの意識はあるのだな、と思いました。

しかし、いざバックアップを取ろうと思っていても、やり方が判らない、めんどくさい、ソフトが高いと言った現実はあるはずです。しかしながら、失くなって初めて気がつくバックアップの大切さ。私自身、過去何度もHDD障害の憂き目にあっています。今は、ReadyNASというものを利用しHDDを冗長化してデータを守っていますが、一般の方に高額費用を捻出し、こういった機材を購入する事も大変です。何より設定もめんどくさい。

けれども…とお嘆きの方も多いかと。

そんな方に朗報です!!

何と、EaseUS様が、

個人向けバックアップソフトを1日に限り無料で提供してくれる事になりました!!!!

 

公開サイトは、年末のバックアップ大作戦ーEaseUS Todo Backup Home 9.2を24時間限定で配布中-2016- です。勿論、フリーで公開されているものではありません。

EaseUS Todo Backup Home 9.2 という、普段であれば \3,980 もするソフトです。もう一度言います。

 

普段であれば \3,980 もするソフトです!!!

 

期間は、2016/12/19 12:00 ~ 2016/12/20 12:00 までの1日限定です。その期間内にページへアクセスし、「お名前」と「メールアドレス」を入力するだけです。そうすると、ライセンスコードをゲットできます。

 

あとはソフトウエアの入手方法なのですが、私も詳細は知りません(笑) EaseUS の回し者では無いですし、何よりどんなメールが届くのかも判りません(笑) でも、ライセンスコードがあれば大丈夫です。体験版をインストールした後に、コードを入力すると正規版になります。

EaseUS Todo Backup Home ちなみに、このページから無料体験版をダウンロードする事ができます。

 

更に更に、ビジネス向けの上位版のソフトウエアも、最大40%オフで購入する事ができます。Exchange/SQL Serverのバックアップ及びリカバリ対応の最上位ソフトですら、¥31,800 が ¥20,606 です。Windowsで運用されている企業の方にしてみれば、かなりお得だと思います。

 

日本での一般的な知名度はまだまだですが、IT業界では名の知れたバックアップソフト、その家庭用版が無料で使えるのです。この機会にソフトウエアをゲットして、大切なデータを守ってあげましょう!!是非、TwitterやFacebook等で情報を広げてください。ライセンスコード数に制限は無い(はず?)なので、是非沢山の人に使ってもらえれば幸いです。

 

(12/19 12:20 追記)

公開されました!

登録すると、こんな形でライセンスコードが発行されました。ダウンロードURLから、トライアルをダウンロードして、ライセンスコードを入力する事で正規版となります。是非お試しあれ!

 

(2016/12/20 13:00)

終了致しました。ご参加ありがとうございました。

呉工業 オイルシステムデュアルブ を使ってみた

ドナーは116i(N43B16A)です。前モデルのN45B16Aからボア径が小さくなり、ストロークが3.7mm増えています。ストロークが伸びた分、トルクが増した分高回転は苦手なエンジン…のはずでしたが、直噴化させた事で燃焼効率が改善し、更に燃費が20%前後伸びつつパワーも出しました。

ところが直噴エンジンといえば付き纏うのが、カーボンダスト。これがシリンダー内部に付着しやすくなります。これを回収するのがオイルなので、必然的にオイルは汚れやすくなります。余談ですが、こんな汚れやすい直噴エンジンのオイル交換周期、メーカー推奨は25,000kmです。個人的にはいかがなものかと思います。自分の過去の実験からも周期はもっと短い方が良いに決まっているはずです。それでもってこのエンジン。回り方は悪くないのですが、とにかくガサツ。最初に乗った時は、ディーゼルエンジンかと思ったくらいガラガラいいます。320dより酷い。シルキーフォーとか言った人をぶん●りたい位です。

 

で、10万kmを超えたこの車、どうしてやろうかと思いつつオイル交換待ちをしていた所、呉工業 オイルシステムデュアルブのCMが流れていました。東京バーチャルサーキットでおなじみ、かつ私も大変お世話になった砂子塾長が広告をしていたので、何となく興味を持ったわけです。

たまたまアマゾンで安かった事もあり、自腹レビュー(笑) してみました。

かと言って、こんな車でパワーチェックしても面白みの欠片も無いし、お金も掛かるのでエンジンの音がどの位変わるのか試してみました。最初に初期値を測ります。計測場所はエンジンの上にあるオイル口のすぐ横です。

だいたい48-50db程度を差していました。暖気完了時に計測しているので、最初のアイドルアップはありません。ただ、スマホで計測しているので、実際の数値とあっているかは不明です。それでは添加してみましょう。

最初は[1]、複合有機モリブデン・耐摩耗剤・エステル化学合成油、だそうです。良いオイルには最初から入っているもんですね。耐摩耗剤が何なのかは判りません。

茶褐色の液体でした。添加したら10分程アイドリングさせて添加剤を潤滑させます。

次は[2]、ハイブリッドボロン、液体チタン、油膜強化剤、エステル化学合成油、だそうです。ハイブリッドボロンが何なのかは、判りません。乳白色の液体でした。添加したら、また10分程アイドリングします。さてどうなったでしょうか?

あれ?変わらな…

おお!

下の方に小さくグラフが記録されていますが、だいたい44-48db程度に落ち着いたようです。たまたまかな?と思ってしばらく置いてみたのですが、変わりませんでした。少なくとも距離を走ったお疲れエンジンには多少の効果はあるようです。

 

実際に走行をしてみました。メーカーが謳っている馬力アップやトルクアップは、それ程体感できませんでした。元々120ps程度のエンジンなので、例えばこれが123psになっても2.5%のアップ。これが体感できたら凄いと思います。トルクは2,3程度違うと体感できるんですが、恐らくそれ程の変化は無いと思います。

とは言え、多少静かになった事は事実。フリクションが減ったからか、理由は判りません。燃費も誤差程度の変化なので効果があったとは言いづらいです。しかし、少なくても音は小さくなりスムーズになったかな?と思えましたので、お金を掛けた分の効果はあったのでは無いでしょうか?勿論、日々のメンテナンスが重要な事は言うまでもありません。できれば、1万km以内でオイル交換したり、エアクリーナーを交換したり、そういう積み重ねが車の性能維持に役立ちます。

 

これまた余談ですが、5万km走った点火プラグはさきっぽが無くなりかけていました(笑)。これを交換すると、低速トルクがとても回復します。しばらくプラグ交換していない人は、変えてあげるとかなり体感できます。

Zabbix でグラフが文字化け(よくあるパターンじゃないやつ)

Zabbixでのグラフの文字化け対策です。

よくあるパターンとしては、フォントが日本語文字に対応していない為に起こるやつです。それは適当にぐぐってください(笑) 今回、それら対策をしても全く対応できずに、文字化けが直らなかったパターンです。

文字化けすると文字が豆腐になるのですが、今回は見たことが無い漢字に変換されてしまっていました。

 

結論から言うと、PHPのコンパイル時に ” –enable-gd-jis-conv ” というオプションをつけていると文字化けするようでした。プログラム上でUTF-8の文字がSJISに変換されてしまっている様子。この部分のプログラムを修正すればいいのですが、Zabbixはバージョンも上がっていきますし、個別対応していてはコストが無駄になります。

よって、自分はバッサリと” –enable-gd-jis-conv “オプションを削除して、再コンパイルしました。

それで文字化けから解消されます。