初エアチャイナ ビジネス搭乗記

最近は仕事の関係やマイルの関係(?)で、飛行機を良く利用するようになりました。なので自分なりの記録も含めて、「トラベル」のタグを作って書いてみようと思います。主観バリバリの搭乗記です。今回は、エアチャイナ(Air China) ビジネスクラス を利用したので、その搭乗記です。ちなみに価格は8万円。ビジネスクラスとしては激安の部類です。

経路は、成田(NRT)から北京(PEK)、ここで一泊して北京からクアラルンプール(KUL)へ行きました。エアチャイナのビジネスクラスといえば、SFC(スターフライヤーカード)修行の為によく使われるそうです。そう聞いたので使ってみたのですが、色々書いてあるレビューは、やっぱりその通りなんだなあと思いました。これだけだと、これで終わってしまうので、内容についてレビューします。

 

最初のNRT・PEKはAirBus 330-200、総座席数 237席、ビジネス 30席、エコノミー 207席です。

シートの広さは53cm程、普通の体型なら困る事はありません。ただ隣との距離が近いので、知らない方が隣だと結構ストレスを受けそうです。ANA(777-300)のビジネスクラスを知っているとかなりショックを受けます。一応肘掛けの辺りの遮蔽板を持ち上げる事もできるのですが、大した効果はありません。モニタは肘掛け手前に収納されていて、これを引き出します。ただストッパーが掛かっていて、そのストッパーのボタンは肘掛けの下、というか内側なので最初は判らず引き出せませんでした。。フルフラットシートなので、足回りには相当の余裕があります。ボーイング777-300のビジネスよりも広かったです。更に足の下には収納もあるので、かなり快適でした。

ウエルカムドリンクは様々ありますが、スパークリングワインも選べます。昼便だったので、ディナーメニューが用意されていました。和食・中華・洋食と選べ、更に肉と野菜メニューを選べました。スパークリングワインは、まぁ普通でした。

離陸。ジェットスター便と並走していました。

夜食。意外にも(失礼)ちゃんとした食事でした。真っ赤な重箱に少しずつ食べ物が入っています。これがちゃんとしていてとても美味しかったです。スープもついてきましたし、勿論スパークリングワインも頼めます。エコノミーには乗った事が無いのですが、十分満足できるクオリティだと思いました。

こちらが選択できる主食。左は洋食メニューのステーキだったかな?中央はチキン。右はデサート。日本初という事か、あんこに栗が入っていてこれも美味。チキンはぶっちゃけ外れでした。マズくは無いのだけど、その辺のファミレスのメニューみたいな味。逆にステーキは当たりだったようです。

旅行記では無いので、サクサク行きますね。北京に着き、夜の北京市内へ。ホテルは天倫王朝酒店へ泊まり、翌日は歩いて紫禁城を見に行きました。ちなみに紫禁城は、現在ネットでのみ入場券を販売しています。現地で買う事はできません。この 故宫博物院门票预售系统 サイトから購入できますが、支払い方法が中国の銀行口座ないしAlipay(現地銀行口座登録が必須)と、現地の電話番号が必要です。これはどうやっても無理なので、代行を頼みましょう。

 

さくっと見回り、北京空港へ。今回はビジネスクラスなのでビジネスラウンジが使えます。

ラウンジの入り口。意外と遠い所にあり、しかも2階にあります。面倒くさい。軽食やワイン、何故か大量のカップ麺が置いてありました。

雰囲気はこんな感じ。開放感はあり見晴らしもいいですね。さすがに中国人特有のざわついた感じはありませんでした。最も余りお客さんもいませんでしたが。

オススメは紅茶。さすが中国、茶葉が沢山置いてありました。茉莉花茶が特に美味しかったです。あと、冷蔵庫にあったビールが何気に美味しかったです。多少薄味でビールが苦手な人でも飲めるのでは無いかと。それにしても写真映えするように見えますが、椅子も家具も結構ボロボロでした。角が擦り切れていたりして、ビジネスラウンジでコレか…と。サクララウンジに慣れてる人が見たら卒倒しそうです。

ここで北京とも一時お別れ。クアラルンプールに向けて出発です。AirBus330-300へ乗り換えます。総座席数 301席、ビジネス 30席、プレミアムエコノミー 16席、エコノミー 255席。330-200と大差無い(様に感じる)シートです。凄くどうでもいい事なんですが、プレミアムエコノミーって何の為に存在してる席なんでしょうね?ビジネスでいいじゃんと思います。ビジネスが無ければエコノミーでいいと思うし、この微妙なさじ加減っているのかな?と常々思います。エコノミーと大差無い席(多少倒せてフットレストがある位)ですし。あと、エコノミーって言い方も何か嫌いです。船みたいに1等・2等・3等でいいと思うし、何に配慮してるんでしょうね?ファースト・ビジネス・レギュラーでいいと思うのですが。

違いは液晶モニタが引出しでは無く、正面に着いた事くらい。ほぼ間違い探しレベルです。こちらも隣との距離が近くで嫌ですね。ウエルカムドリンクも全く同じ。

なかなか見る事ができない中国の山奥上空を飛んでいきます。窓の外の景色はいつ見ても綺麗ですね。ちなみにエンジンは安心のロールス・ロイス製。飛行機の三大エンジンと言えば、GE(ゼネラル・エレクトリック),RR(ロールス・ロイス),PW(プラット・アンド・ホイットニー)ですが、個人的にはRRが一番好きです。音が好き。

PEK・KUL は中華とウエスタンが選べました。思うのですが、中国人がメインの航空機で、わざわざ中華選ぶ人っているんですかね?(´・ω・) 日本人も機内で和食頼む人は余り見ない気がするのですが。今回はスパークリングワインが売り切れで、赤ワインにしてみました(余り美味しくなかった。酸っぱいだけ) 食事はウエスタン。NRT・PEKの失敗を踏まえて、ビーフにしましたがこれが美味!パンは焼き立てのモノを持ってきてくれたので、ガーリックパンと普通のパンを選びました。これも意外な程美味い。食事に関しては便にもよるのでしょうが、一定のレベルだと思います。

ただ、デザートは一考の余地あり。その後は、フルフラットにして寝てしまいました。やっぱり7時間近く乗る場合には、フルフラットで行きたいですね。ぐっすり寝れるので体力の持ちが全然違います。というわけでクアラルンプールへ到着。目的のお茶の買い付けの為、キャメロンハイランドへ行きました。

マレーシアで有名な BOH TEAです。Amazon で買うと5倍くらいの値段です。素朴な紅茶でとても美味しいです。お土産にも好まれますね。クアラルンプールの街中のスーパーでも売っています。倍くらいの値段ですが、キャメロンハイランドは遠いので街中で買うといいでしょう。

赤道直下近くだと言うのに、18℃と涼しく過ごせました。

で、エアチャイナですが、思っていたよりかは悪くない、というのが本音です。チャイナエアライン と名前が似てて飛行場で怒りを覚える事を差っ引いても、機内のサービスレベルは悪く無いし、フルフラットシートと格安のビジネスクラスは選択肢のひとつに入ってもおかしくはないと思います。で、自分が今後使う事があるか、と言えばまず無いかなぁと。理由はいくつかあるのですが、まず北京搭乗前の待合室が本気で煩い事。そしてそこらにゴミをポイポイ捨てるわ、咀嚼音バリバリで何か食べてたり、人の真横で糸ようじ使ってシーシー煩いわ、本気で不快です。ビジネスクラスの優先搭乗が無かったら、絶対に乗りません。更には荷物の扱いが酷すぎます。

ほぼ傷が無かったスーツケースがたった一度の搭乗でこのレベルに破壊されます。更に、中に入れていたこのレベルの保護力の高いトラベルポーチの中に入っていた香水の瓶が割れていました。今までこれを入れて、ヨーロッパのLCC(Vueling,easyjet,volotea)やジェットスター等に何度も乗りましたが一度も割れた事がありません。それがビジネスクラスの手荷物預けですら壊される。そのレベルの酷い扱いをするという事です。ビニール袋に入れていたので、このトラベルポーチ内部が少し臭う程度の被害で治まりましたが、ワインでも入れようものなら、どのレベルで破壊されるか判りません

海外の楽しみ方の一つとして現地のお土産を買う事もあると思います。しかし、これらが破壊されてたらどう思うでしょうか?今回は茶葉だったので帰りは問題ありませんでしたが、そんな航空会社には、自分の荷物を預ける気になりません。そういえば、クアラルンプールに着いた時は、手荷物はプライオリティだったはずなのに最後に回されましたね。

 

というわけで、まだまだ改善の余地だらけの航空会社だと思います。機内はそれ程悪く無いだけに惜しいですが、やっぱり、余程の事が無いともう乗らないかな。ちなみに北京のイミグレに並んでいる自国民の民度の低さは筆舌に尽くしがたいです。

レース用無線イヤホンをカスタムしてみる

※ この記事は自己責任で行ってください。重大事故にあっても私は知りません。

(この記事は個人公式サイトと同じものです。)

 

レース用のイヤホン。レース中にピットと交信する為の大切なモノです。が、これ意外とつけて走ってると痛いんです。ぶっちゃけ見た目は100円ショップで売られているのと変わらないという…

この真中のイヤホン

で、色々と探してみると、ノプロさんの記事にカスタムIEMなイヤホンがありまして、今年の岡山戦で型取りしていたそうです。「いいなぁ…最高だろうなぁ…」と思いつつも、貧乏ドライバーには手が出ない金額(もう少しで公認ヘルメット買えちゃうの)。。で、色々と探してみると、CTSさんでカスタムモールドIEMレース用イヤホンが売られていました。これが1.5万円

カスタムモールドIEMレース用イヤホン

うーん。元々こっそり音楽関係をやっていたので、カスタムIEMの存在は知ってたしリケーブルなんかも試した事があるので、ふと調べて見るとあるでは無いですが、カスタムIEMの自作。作り方はググってみると、とりあえずベースとなる型を作って、それをシリコンに浸けてメス型を作る。そしたら、その型にUVレジンを入れて固めて終わり。少なくともミッション分解するよりかは楽そうです(比較対象がおかしい)

 あとは、楽天で以下のモノを。

まずは型を作ってみる事に。インプレッションパッドを耳の奥に入れて、鼓膜保護します。紐ははほっぺたに貼り付けました。そういたらバイトブロックを噛んで耳径を固定します。後は、イヤホン耳型採取専用インプレッション を練り込んで自分の耳へ塗りたくります(笑) ホントは注射器で入れたらいいんでしょうけど、普段から飛行機乗ってて、耳栓を使いまくっているので耳の奥へこういうモノを入れる事は慣れていました。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

うん、やっぱり簡単だった。これを整えて研磨したら、プラサフを塗る。それをシリコンに入れてメス型を作れば、型の完成。後は、その型にUVレジンを流し込んでUVで固めたら完成。コツは、型の周囲が1mm程度固まったら、取り出してレジンを捨ててしまいましょう。そうすると枠だけの綺麗な型ができます。この穴にドライバ等を組み込む訳です。

 

レース用だと弾力性があった方がいいので、この元の型をそのまま加工してもいいし、UVレジンのグミータイプ辺りを使うか、医療用シリコンを使えばゴムに近い感触になると思います。内蔵するドライバとかはめんどいので、レース用のはKTELのをバラして使うとか適当な海外イヤホンをバラして使います。調べてから作るまで1日くらいでした。これ、型取りも全部一人でできたから、誰でも作れると思います。是非トライしてみて欲しいですね。実費5,000円くらいだし、何よりものづくりは楽しいです!(笑)

NURO Biz には気をつけよう

最近よく広告を見かけますよね、NURO光。法人向けには、NURO Biz という名称で営業しています。

法人向け次世代ICTソリューション

上り下り最低10Mbps以上保証、SLA(稼働率99.9%)を標準装備。凄いですよね。価格も比較的お安いですし、実際速度も場所によりけりですけれど、それなりに出ています。

 

ですが、このSLAに問題があります。99.9%稼働保証というと凄く聞こえますが、1ヶ月720時間とすると719.28時間保証。16分程度は止まっても保証されません。まあ、このへんは仕方ないと思います。ところが、このSLA。事前告知のメンテナンスは停止時間に含まない という凄まじい罠が待っています。これは契約書にも、きっちり明記してあります。

そして、このメンテナンス。何気に割りと多いです。つまり多めにメンテナンス告知しておけばいつでも停止できるという事です。例えば最近ですと、「NUROメンテナンスによるインターネットWiFiの接続停止、2017年11月16日(木) 0:00~8:00 の間の10分間程度」とありました。8時間中、いつ止まるか判らないとなると、ビジネスでは致命的な事にもなり兼ねません。

 

24/365 で稼働するシステムがある場合には、間違いなく使えません。店舗だとか、中小企業では問題無いレベルだと思います。この回線断のリスクを取っても安さを取るのであれば、選択肢のひとつには入ると思います。私が管理している業種では、24/365が殆どなので使えませんでした。この辺りの話は使ってみないと判らない、判った時にはもう遅い、という事があるので、こういう話を広めておく事は大切だと思います。

 

決して、「さっきのメンテ時間がモロに影響受けて、深夜作業するハメになった事の逆恨み」ではありませんので、あしからず。